Archive for the '延命治療' tag


no-Images 新聞記事より〜胃ろう中止可能に〜指針承認 | 7月 13th, 2012 |

先月 6月27日に掲載された新聞記事である。 今まではつけたら最後、身内が無意味な胃ろう(延命処置)はやめてほしいと願っても、外すことの出来なかった胃ろうについて、案ではなく、指針が承認されたとの発表があった。 胃ろう中 […]


新聞読んで、考えて、試行錯誤に思考覚悟 新聞記事より 北欧で聞いた終末期  | 6月 16th, 2012 |

あらららら。新聞記事は、とうとうウェブに掲載されたとたん、有料記事になるのですね。最後に記したリンク先に飛んでもらっても、記事は読めません。新聞購読者の減っている昨今、新聞社も生き残っていかないといけないですから、当たり […]


バーチャル介護? 新聞記事より〜終末期胃ろう「中止可能に」 | 1月 4th, 2012 |

医療の現場や、介護の現場が、今後日本で大きく変わるんちゃうか〜と思った一ヶ月前の新聞記事を転載させて頂きます。 終末期胃ろう「中止可能に」 本人の意向考慮 老年医学会が指針案(読売新聞 2011年12月5日記事より) ◯ […]


延命処置はしたものの 延命処置はしてもらったものの・・・ | 9月 5th, 2011 |

心臓マッサージは、延命処置(心肺蘇生法とも言いますし〜)で、肋骨が折れる事があるから高齢者には向かんのだ、ということは以前ここにも記させて頂きました。 ◯ 経管栄養法のうち、鼻腔からチューブを入れ、栄養を胃まで注入する方 […]


一人で背負い込まぬよう いずれは来る終末期。でも緊急時はどないしよう? | 9月 3rd, 2011 |

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛です。 群青がときどき施設通いで介護をしている祖母にもいずれは来るであろう終末期。昨年の年末からこの年始にかけてもその危険はあったが、無事乗り越えられた。が、近々またくるであろう […]


胃ろうを慰労?胃ろうについて思うあれこれ。 | 6月 11th, 2011 |

病院での診療話をたくさん伺うようになった。それは自分がそんだけ年を重ねたと言うこっちゃろぅ。お医者さんが患者さん側の意図を汲み取れず、患者さんが不満を持ち帰り、友人知人家族にその不満を話す、というのが大概の流れの様に思う […]


no-Images 看取りの時の為に何を確認しておいたらいいのだろう | 5月 28th, 2011 |

終末期の為に何を確認しておかないといけないのか、社長からご質問の返信続編。ぴったりな記事がありました。 (終末期とは「生命維持処置を行わなければ、比較的短時間で死に至るであろう、不治で回復不能の状態」をいうそうです。) […]


no-Images 終末期について考える〜まさに今の時代を映し出している新聞記事より | 5月 28th, 2011 |

終末期とは「生命維持処置を行わなければ、比較的短時間で死に至るであろう、不治で回復不能の状態」だそうです。 ◯ 読売新聞の、医療ルネサンスというコーナで、今週「最後を選ぶ」という特集がなされています。以下、ご参考まで。 […]


しゃっちょーさん 緊急時の対応(特養で交わした同意書)掲載その後 | 5月 27th, 2011 |

御世話になっているITシステム開発会社より社員研修《イラストコミュニケーション研修》のご依頼を頂き、昨日その社長に久しぶりにお会いする。その時「ちょっと聞きたいんやけど〜」と質問を下さった。 「うちの母親90歳目前で、頭 […]


医療マンガと延命治療 | 1月 17th, 2011 |

◯ 冒頭イラストは・・・入院してすぐの祖母。あと3か月で100歳である。手には、指無しの手袋をはめられています。ひれみたい、点滴と酸素吸入の管ひっこぬくから。真っ白コットン100%。しっかりしていて、柔道着みたいな生地で […]