Archive for the 'コミュニケーション' tag


no-Images ポジショニングの図解掲示物が増えるとドーンと引きますわよ職員さん | 6月 19th, 2014 |

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛です。 拘縮や褥瘡予防の視点のクッションの伝達方法 早くスタッフさんに伝達せねばと、祖母寝姿のポジショニングについて、入所中の部屋のパーテーションに、短期間に集中して、一気に解説 […]


ちらっと質問 とにかくちらっと、声をかける、聞いてみる。 | 6月 17th, 2014 |

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛です。 施設に入居出来ても介護が終わりになるワケではない そう。忘れがちなことをひとーつ。高齢者施設に入居出来ても、家族がほっとするのはつかの間で、新たな難関がさしかかります。 […]


20120324ぽけーっと。ええかっこしい、なしよね。 録音した介護の声掛けで、自分の声の真髄を知る。かも。 | 3月 22nd, 2014 |

ああ、うるさいわ、自分の声 先日、知人理学療法士さんに祖母の身体を診てもらう。寝姿のポジショニングはこんなぐらいがいい、や、車椅子はこれぐらい調整した方がいいね、と色々と教えて下さった。 この学びを記録するだよ、と準備し […]


iPadでだらだら電話_見守り 生活音がするのがイイ。iPadで見守り一考。 | 10月 28th, 2013 |

生活音がするのがイイ。iPadを活用して見守りも出来んことないです、とワタクシ思いましたです。はい。 iPadを介護に活用する じじばばの遠距離介護をされている方が身近に数多くおられます。今ある資源を最大限に活用して、継 […]


くっさめ2013 職員さんとは直接会ってお話するのが一番。 | 10月 7th, 2013 |

FAX便利-介護施設との連絡 祖母の入所する特別養護老人ホームの主任さんとは密に連絡を取りたいのだが、家族が介助に行く日と主任さんの時間と出勤日がうまく合わず、なかなか会えなかったりする。その場合、FAXで連絡するのが一 […]


iPadでばあこ介護についてTV電話。 眉間が痛いっ!のじゃっ! | 10月 3rd, 2013 |

なんだか、まるで祖母ばあこを再び自宅でカイゴしている様な錯覚に陥る。まだ続くか?母上との言い合いが?前回の続きです。 今は2013年の現在である、あれは20世紀での出来事だった。今は21世紀ではないか。 20世紀中も、ハ […]


車椅子の具合をみる 職員さんとの連絡確認事項と、車いす角度のちょっちょ替え。 | 9月 7th, 2013 |

職員さんとの連携が、今後更に必要になってくると思われる。 主任さんがこの間おっしゃった。特養入所中祖母の日々の介助に関してである。食事介助や、移乗介助その他について。 「ご家族さんが、ちゃんと食べさせられているのに、なん […]


ipadで連絡取る 介護中心者(キーパーソン)と補佐(手伝い役)の連絡は | 8月 20th, 2013 |

そうこう記していると、介護中心者の母の補佐である、娘で筆者グンジョウアエンはとってもマメに祖母ばあこの入所する特養に通っていると思われそうなのですが、違います違います。そないには行けません。ムラある参上ぶりです。 一方  […]


うんちくを語る骨格くん 入所者と入居者。この言葉遣いについて 1 | 3月 24th, 2013 |

家族介護者の視点と施設職員さんの視点の違いなど、改めて考える機会がありました。 現在、特養ホームで「骨盤の日光浴2」というタイトルの、イラスト展を開催中です。 観てくださった方から、 「入所」や「入所者」という言葉がよく […]


no-Images 介護のお話は聞く場所によって印象が変わるのね | 3月 18th, 2013 |

半年前に個人展覧会をしたときにも不思議に思った事がある。テーマが介護だからか、来て下さった方々がそれぞれの介護に関するお話をぽそりぽそりとして下さるのだ。それをふむふむと伺いながら、絵の解説をしたりするグンジョウである。 […]