Archive for the '床ずれ' tag


ぴーちくぱーちくgunjoaen 今の常識。円座はあかんというけれど | 3月 23rd, 2015 |

今の看護や介護の常識。円座(※)は使っちゃダメよというけれど。 あかんのは頭ではわかっていても、 もう、それしか方法ないやん、 と思う事もあって、祖母”ばあこ”には、部分的に使っていました。 腰椎 […]


入院したら◯◯◯のご注意 退院時お持ち帰りしたくない褥瘡〜介護ライブラリ〜 | 3月 12th, 2014 |

「自宅で介護お助けヒント集」webマガジン介護ライブラリで連載中のコラムが更新されました。こちら。床ずれをもっての入院編 入院して、見たくないもの 聞きたくないものとは 看護師さんの、配慮のない物言い。 声掛けのないまま […]


no-Images 通院に付き添う家族の役割って?(施設入居中) | 12月 11th, 2013 |

褥瘡治療は日進月歩 褥瘡治療は日進月歩している様に感じる。昔はどんな治療方法が主だったのだろう?家族介護者である私は2013年の12月現在の祖母の場合しか知りませんが、介護職歴の長い方からちらっちらっと聞いてちょっとわか […]


no-Images 褥瘡はつくらんほうがよろし。 | 12月 8th, 2013 |

座ると座面に刺さるお尻の骨の部分に傷ができてしまうと本当に困ります。長い時間座っておられなくなりますから。ようやく治ってきた祖母のお尻の褥瘡。(と言っていいのかしらん、膿は出ていないので、傷でもいいのかな?)嬉しい。お尻 […]


食事介助は腕がつる? 食事介助で腕がつる? | 11月 3rd, 2013 |

ぼんやりさんな、祖母の様子である。夜の食事介助中。 どうも食事直前まで横になっているせいか、祖母の意識がはっきりしてくるまでに30分はかかるように感じる。 匙を持ってもらうのに、時間かかっちゃう 食事を始めて40分を過ぎ […]


乙女なの 100歳過ぎたばあちゃんには静か過ぎる環境も考えものだ・・・。 | 10月 9th, 2013 |

そうそう、乙女なの、102歳と7ヶ月。 それまでは午前中は車いすに座り、食堂でTVを見、周囲の生活音が自然に入って来て刺激のある環境。 この2週間程はお尻に出来てしまった傷を直す事を優先し、自室で寝かせてもらっていました […]


つぶらな瞳がクセモノなのだ 職員さんから家族への口伝えの症状伝達は悪く伝わるものだ?? | 9月 14th, 2013 |

本日2300文字。少々長いです。 伝言ゲーム(?)は、大げさに伝わるものだ 朝、祖母の中心介護者である母と連絡を取る。先日、母が介助に行ってくれた時の話を聞く。 母「おしりの傷口の所、少し汁が出てるってスタッフさんが言っ […]


電動ベッドでは、皮膚のひきつれを直す「背抜き」足元にもめっちゃ必要やん | 7月 16th, 2013 |

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛です。 介護用語、医療用語の方のお話です。上着の裏地を半分抜いてある背抜きのお話ではありません。 「背抜き」は、上半身だけじゃなく足元にもとっても大事なの と知ったのは、つい最近 […]


座骨結節座面にささる 痩せると、骨が座面に刺さってお尻が痛いの | 9月 30th, 2012 |

座り姿勢になると、だいたい、体重のかかる部分は2通りある様子です。 ひとつは、 骨盤に上半身をしっかり乗せたような姿勢。骨盤を立てて座ると一般的に言われる姿勢です。もっと分かりやすく言うと、 座った時に、お尻と座面の間に […]


下半身のみ骨の図 車椅子に座れる人でも、お尻にじょくそうが出来てしまう | 9月 29th, 2012 |

はて。今日もお尻話しを。同じ方向からみたイラスト3点です。これは101歳ばあこです。このピンクの部分は、擦れ易い所です。 ふとももの大腿骨のところと、おしりの下の二カ所は、座骨結節のところです。 これは、さきほどの骨のイ […]