イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

大事にすべきは地元のこじんまりした電器屋さんか

7月 12 2012 | 街のバリアフリー

20120712-231933.jpg

エアコンの修理を、地元の小さい電器屋さんに頼んだ。

母は常々言っていた。大きい電器屋さんや家電量販店じゃなくって、少々高くても昔っからやってる御用聞きみたいな電器屋さんを大切にせないかんよ、と。

***

このエアコンは、約10年前、まだ祖母を在宅介護していた時に、その地元の電器屋さんで買い替えたものである。(前々回の和室イラスト参照〜。右中上に載ってる箱がこのエアコンである)

風が出てくる風向グチのフタがしまったままあかなくなってしまって一年以上ほったらかしにしていたのである。そろそろ不安になり、修理を頼んだというわけだ。

あかないフタはどうしていたのかというと、無理やりプラスチックハンガーを噛ませて、電源オフ時でも、常にオープンな状態に保っていた〜。

同様の症状で量販店からエアコンの修理に来てもらった姉の話では、7000円ぐらいかかったと言っていた。修理費用はそれぐらいの心づもりをしていた。

***

さて、その修理に来てくれた日、昨日である。予定時間より30分遅れて、ひょうひょうとした風貌の、おそらく2代目息子君であろうと思われる、電器屋さんが来た。

俳優の堺雅人氏を一回り大きく(膨らま)して、もっとぽけっ、とさせたような雰囲気かしらん?

身長がやけにでっかい。エアコンまで、脚立に乗らなくても手が届く。椅子を用意していたのだが、いらぬ心配無用であった。早速作業にはいる。

***

あ、それ、僕にも頂けます?と雑巾を所望。
彼はその取り替える部品を拭いてくれ、私はその羽を外したエアコンを拭く。(結構汚れています〜(@@))
その間、あれやこれや質問をしたり、フィルターのことを尋ねたりしながら。日頃の疑問は思った以上に出てくるものだ。

ひととおり修理の作業が終わったので、料金を最終的に聞いたのだが、彼は言う。

「えっと、、、、部品の値段ここにかいてありますね、、〜(部品の袋のシールを確認する)、
200円です。」

???「200円?(@@)」

「うちの子ですし、最初に高く買ってもらっているのでね〜それで十分です。」

***

うちの子か〜。そう来たか〜。おもろい。

最初に書いたように、7000円支払った姉の話をすると、うーん、殆ど出張費ですよね、、、。部品は微々たるものなんですが、移動費などを考えたらそれぐらいになってしまうんですよね。と。

すぐに来てくれた事もあり、地元の電器屋さんもいいものだな〜と思った次第。なんだか安心しました。

こんなことなら、一年前にもう壊れていたから、もっと早くに修理してもらえばよかった〜。

***

でもね、一番最初にそこへ電話をしたときはびっくりしたのです。以下、姉と母へのメールをそのまま掲載しよう。以下。

***

タイトル:がくっ。

送信携帯メール本文:

エアコンを買った、地元の○○電気に修理依頼のFAXを何度も送ろうとするが、ずっと通話中でかからない。(FAXの方が確実で間違いがないから)

受話器が外れてるのかと思い、114 するが、今このサービスはNTTではやっていないとのこと。
(※114は、通話中かを調べてくれる。受話器が外れている家などに、発信音で外れていることを知らせてくれるサービス)

何度か電話を掛け直し、やっと通じるも、出てきたオバサマがおっしゃることには、

「おしゃべりしてました〜」

あれ〜(`。`)〜
ひぃぃ〜勘弁してえええ〜

FAX送信後、すぐそのオバサマから電話が来たのだけれど、

イマドキウソやろ〜、と思うような、のんびりぃ〜なファミリー経営な雰囲気〜

オカーちゃん(お祖母様?)に電話受け答え任してるオトーちゃんもそれでええん〜?

電話してるこっちがイライラっ、してしもうたわ〜ひぃぃぃ〜

結局明後日に来てもらうことになりました。

********

と、こんな感じで驚きメールしてたんですが、
修理に来てもらって、お店の人の応対を見て、

まっ、これもありかもしれんなっ。

と思えた群青でありました。

***

量販店は沢山出来ているけれど、量販店はつぶれたらそれっきり。

高齢になればなるほど、知らない人を家にあげるのがとても怖くなるのよ〜と、高齢の方によく相談を受けているとおっしゃる方が言っておられた。

地元の顔が見える関係の方が大事やな〜と身をもって感じた昨日でありましたが、皆さんは安けりゃいい、量販店派?あるいは、地元密着型電器屋さん派?はて?どちら派でしょうか?

ちゃんちゃん。

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん)イラストレーター】


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。