イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

群青亜鉛イラスト展 コンセプトまとまりました

7月 01 2012 | おしらせ

ボローニャ国際絵本原画展とまわるギャラリーさんぽ

 

群青亜鉛 イラスト展

 

『骨盤の日光浴』

介護で気づいたカラダとコッカク

『骨盤の日光浴』 群青亜鉛

かうちぽてこ

2012年9月7日(金)~13日(木)
午後1時~6時

ギャラリーわびすけ
******************

《イラスト展 主旨》

100歳を過ぎた祖母の生命力には驚くばかりである。
どんなカラダの状態ですかと訊かれれば、
「骨が丈夫」この一言に尽きる。

骨って大事。カラダって大事。
なんと言っても中心は「腰」かしらん。

体を表す漢字部首の「月(肉付き)」に
「要(かなめ)」と書いて「腰」と言う。

この箇所は、曲がったり伸びたりで
常に忙しくカラダを支えている。

ここを痛めると何をするのも億劫だし、
排泄が出来なくなったらとても困る。

*****

「隠されがちな腰周りの様々な事が
あっけらかんと話せる様になると
全ては上手く回る様な気がする。」

祖母への介護を通してそんな風に感じている。

老いや終末期についても
もっと普通に話せる様になったらね。

そんな思いを、
サンサンと太陽に照らされている
骨盤のイメージと重ねました。

〜介護で気づいたカラダとコッカク〜

《作者 ぐんじょうあえん プロフィール》

介護関連イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター
孫の立場で祖母に ”いっちょかみ介護” し続け20年目。
介護とコミュニケーションの現状と問題点を、在宅介護家族の視点で、笑いに交えて発信している。

【著書】

「介護器具 手作り・改造レシピ集~なんでこんなに使いにくいん?~」
IMS出版 福祉用具のリメイク&手作り提案実用書
理学療法士  大渕哲也氏との共著

「ばあちゃんドタバタ介護格闘記」 宝島社
介護コミック&イラストエッセイ

【イラスト&エッセイ】
NHK出版ラジオ講座テキスト「社会福祉セミナー」連載イラスト
介護専門冊子への手作り介護グッズの作り方紹介
医学・介護専門誌へのイラスト執筆 (骨格・介護福祉器具等)など

【講話】
◆「明るいThe Kaigoセミナー」紙芝居的イラスト&著書を使って
自宅介護当事者、施設入所者家族の視点から、突然来る介護の明るい問題解決をテーマに。

【ワークショップ】
◆「気付き、発見が生まれる手描きのイラストワークショップ」

イラスト展のコンセプト等がようやくまとまりました。
開催まで2ヶ月。
今回の私のテーマは地元と繋がる、ですので
結構ベタかもしれません。
骨格君が大活躍してくれると思います。

ばあこもきっと、ちらほら登場します。

ぼんやりと、いらして下さい。
みなさんの次ナル行動のきっかけになれば。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | 2 comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

2 Responses to “群青亜鉛イラスト展 コンセプトまとまりました”

  1. Poco-Mama

    イラスト展 私の住む街の社協の方と鑑賞約束。
    楽しみです。

    「いっちょかみ介護」と称される関わりの歳月
    その年数は 群青亜鉛さんの味となり、お会いしていてしみじみ伝わってきます(*^_^*)

    こちらに戻り 隠遁暮らしのような日々から、
    ♪でんでんむしむし カタツムリ♪ののっそりと、外気に触れて、出会い(殻から でて 会う宝の時間)、老い支度の学びに 感謝 合掌 なり。

    2冊の著書 近〃 購入予定。

    06 7月 2012 at 7:57 PM

  2. gunjoaen

    書き込みいただき、ありがとうございます。

    「いっちょかみ介護」 昨年の祖母の100歳を迎えた節目に、「結構この言葉が適切やんね〜」と思い、自分から言う様になりました。

    〜 一丁噛み。何にでも口をはさむ人、何にでも首を突っ込んでくる人、またその行為。 例文:あいついっちょかみや。いっちょかみしてきよった。(全国大阪弁普及協会 より)〜

    ポコままさんのご経験に基づいたアドバイスはとてもプラスになっています。

    イラスト展、どうぞいらして下さい。介護に関し日々様々なお話を伺いはしても、内容に毎回驚くばかり、そうなんですかとしかお返事が出来ずにおります。そんな事も自分なりに昇華出来ればと思っています。

    また拙著の感想もお聞かせ頂ければ幸いです。

    ありがとうございます。おっちらおっちらと参りましょう〜。(^^)/

    07 7月 2012 at 10:19 PM

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。