イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

特養の職員さんに、素直に質問出来る家族さんが神々しい

5月 21 2012 | 高齢者介護施設

職員さんに質問する
時々祖母の入所している特養ホームで会うご家族さん。おそらく群青と同世代ぐらいの方か。

関東弁であっけらかん、実にさばさばと何でも質問なさる。すぐ感心する群青はなんでもほれぼれしてしまう。自分には遠い感じがするからだ。

先日、その方が昼食前にお見舞いに来られて、水分食事表を見ておっしゃった。

※水分&食事表というのは、入所者さんが、食べた食事量と水分量が記録出来る様になっている、A2位のサイズの表。祖母の入所する施設では、1週間分ぐらいがまとめてある。これを見ると、一日に摂取した水分量と食事量がわかるのだ。

「あらっ、表示の仕方が前と変わってますよね〜。これって、水分量の累計をたしてこの欄に書けってことですかぁ〜?わかんない〜っっ、スタッフさーん教えてくださぁ〜い。」

すると食事前のスタッフさんがテケテケ近づいて行き、説明をされた。

「じゃ、ここに累計を順番に書いて行けばいいってことですね〜。なんだ〜前と変ってるからびっくりした〜。」

実にストレートだ。素直にそのままを言葉に出すから裏表がない。明るくあっけらかんな人はトクである。祖母の食事の準備を黙々としていたワタシは、おっいいなあ〜と思って目をやる。遠い目をするワタシゃおっさんか、心が狭いぞ。

群青は確か前日にその表を見た。 型式が変っていたのに気がついたが、直接は聞かず、黙々推測で自己判断した。これはこうなっているからこちらに累計を書いて行けばいいのだな、と。 

そのため、あまりにダイレクトなその素直に質問に、驚いたのである。

群青は結構間が悪く、質問するときゃ大抵タイミングが悪い。食事時の配膳や、入所者さんへの手ふき、エプロン配り装着お茶の配膳等で忙しい時に、なかなか質問は出来ない〜。 

近頃はスタッフさんの動きや、場の雰囲気を察知しようとするせいか、すぐには質問しないし、考えすぎて、出来ない。いいのか悪いのかなんだかそんな風になってしまった昨今。

素直に質問出来る人はとってもまぶしい。キラキラしている感じがする。その素直さをちょっと学ばせて頂こうと思う次第。

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん)/Illustrator】


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。