イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

ちゃうちゃう、ベッド柵は立ち上がるための柵とちゃうよ。

5月 22 2012 | 介護福祉用具

介護ベッド柵にも用途に応じていろいろある 「なんであれはあんなに掴みにくいのかしら、もっと太くしてくれたらいいのに。」

ちょっとまった〜お義母様〜っ。それはベッド柵のことやんね? ちょっと細っこいやつね。今ベッドに差し込んであるやつね。

あれはあくまでも、寝具が落ちない様にするための柵らしい。
名称としてベッドサイドレールとかサイドレールとか言うようやねんけど、こちらの目的は、転落防止や、寝具の落下防止のためのもの〜

立ち上がる時の支えとして使うのは、介助バー(手すりとも言う様ですが)

違うんですよ〜っ。えっと、購入した時に、ベッドのショールームのスタッフの方が説明下さいましたよね。

いえ、私もばあちゃんを介護し出した最初はわかっていませんでした。ベッドも今程種類ありませんでしたし〜。でも、今は〜。

すぐ忘れるんで、調べますね。(確か用途は違ったはず。意識してないと忘れるわ〜)

まあーうーむ、ふーむ。ほうほう。(どこの家もこんなもんかしらん〜。きっとわからんまま使って、事故になってしまうのかもしれない〜。)

ベッド柵は、あくまでも、布団やご本人がベッドから落ちない様にするためのものだそう〜。握ったり支えにしたりということを考えて作られていないと聞きます。

立ち上がりや起き上がり時には、しっかりとした介助バーを使って頂きたいと思います。

今は、まだお元気だから大丈夫ですよねお義母様〜っ。必要になったら、一緒に注文しましょう〜っ!!


gunjoaen
【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

(↓2014年5月追記)
103歳特養ホーム入所中 祖母ばあこをトキドキ通い介護中。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて発信17年目。

ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。