イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

股が閉じたまま固まってしまうと、オムツが替えられなくなる。と困る

4月 29 2012 | 人の身体と動作

20110217karadanejire2_gunjoaen_img
”群青さんのばあちゃんの場合、膝の屈曲を抑えることよりも、股関節の内転拘縮を抑える方が大事かな〜。”

と、脳梗塞による片麻痺、要介護認定5の祖母に関して、PT大渕哲也氏よりアドバイスをいただいた。

PT大渕さん:車椅子姿勢の時に拘縮を予防しようと考えると、股の間に何かを挟み込むのがいい。

PT大渕さん:股が閉じたままで固まってしまう方がオムツが変えられなくなってしまい衛生が保てなくなるので、膝の屈曲の対策より大事なんです。どちらも大事ですけれどね。

グンジョウアエン:あらら、まだ、ポータブルトイレに行かせて大丈夫なので、股が閉じたまま固まる、なんていうことを想像したこともありませんでした。

PT大渕さん:両太ももの間にカパッとはめこむんですよ。
両太ももから膝にかけて車椅子での座位が座り易くて安定していれば、リラックスして開きやすいはずなんです。きちんと座ってもらってから、くにっと挟み込む。きちんと座ってもらったところから、改めてくにっと挟む。

PT大渕さん:でもね〜なかなか難しいと思うんですよ。

PT大渕さん:難しいっていうのはね、ちょうどいいクッションがなかなか準備しにくいからなんです。丸い形のロールでは安定しないし、柔らかいモノではクッションを潰してしまう。ちょうどいい厚みの四角い板状のクッションを両膝の間に挟み込むのがいいんですが。

PT大渕さん:ウレタンクッションが一番いいかなあ〜。カットしたりできるから。

というアドバイスをいただいたのですが、まだ何もやっておりませず。今は膝の間に、昨日紹介したような手作りクッションを挟み込む感じであります。

昨日、本日ともに、ばあちゃんの体は結構リラックスしていて、座り直しをしても、クッションを挟まなくてもいい感じでした。挟んでも、緩んで来て、下に落ちるんです。

そうなんです。いい座り姿勢に出来れば、膝の間にクッションは必要ないんですよね〜。PT大渕さんのおっしゃる事も少しはわかるようになりました。

ポジショニングやシーティングや、脚の屈曲拘縮とか、なんやかんや知りたい方は、
群青*介護ブログのまとめスペシャルページへどうぞ
こちら

まだ最近のは表示出来ていませんが。
当方ブログ、更新される度に、ちらとご覧頂くのが一番早いですけんど。



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。明るくおもろく大真面目に介護とコミュニケーションの現状と問題を発信中。祖母への”イッチョカミ介護”実践し22年。
◆介護関連著書◆
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | 2 comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

2 Responses to “股が閉じたまま固まってしまうと、オムツが替えられなくなる。と困る”

  1. kaki

    完全に素人の意見なので恐縮ですが、絵を見る限り、身体の支え所(力の入れどころ)がなくてバランスが取れずに曲がる一方に思えました。 そこで提案なのですがテーブルの下の両膝に横一本と股の間に縦一本の、図からみて「T」断面のクッションの様な物を用意されてはいかがでしょうか?  

    30 4月 2012 at 1:08 AM

  2. gunjoaen

    コメント頂きありがとうございます。管理者の群青亜鉛です。具体的なご意見嬉しく。T字もいいかもしれないですね。試してみますね。ありがとうございます。

    これは祖母の様子をデフォルメして骨格くん化したものなんですが、画力伴わず、そんなにちゃんと描けているわけではないので、すみません。今回のイラストは、直接的に本文と内容を連携させているのとは異なり、以前使用した絵を持って来ています。

    そうですね体の支えどころはどこなんでしょう?背中は背もたれにちゃんと寄りかかってはいるのですが、確かに分り難いですよね。食事時は、肘が支えの重要ポイントになっている様です。

    最近施設で働いている方から、「もうどうやって座らせていいのかわからない方もいらっしゃって、困ることもあるんです。」という声を聞くことがありました。

    同じ様にちゃんと姿勢が取れず困っている方が全国でも沢山いらっしゃるんだろうなあ、やっぱり専門家(例えばPTさんやOTさん看護師さん、車椅子を調整出来る人等)を巻き込んだアドバイスってすごく大事なんじゃないのかなあ〜と思う事が重なったので、今回このイラストを持って来たというわけなんです。

     ”プロの方〜お力貸して下さいな”は、ちゃんと車椅子で座る姿勢がとれない方の代表者の声のようなスタンスで書いています。解説つけると長くなってしまいますね。

    最近の祖母の姿勢は、4/28(http://baa.gunjoaen.com/blog/post7437.html)の感じです。

    返信、真面目過ぎましたでしょうか?書き込み、ありがとうございます。

    01 5月 2012 at 12:04 PM

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。