イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

進行役、まずまずの出来か。バランス良くお話頂けた。

4月 25 2012 | 介護者会・家族会

まずまずであった、この間の介護家族会の進行役。
毎回この進行役を任された時はヒヤヒヤする。 毎回参加者も異なり、皆が話す内容もその時々で変わる為何が飛び出るかはわからない〜そしてやり直しはきかない。

進行役は仰せつかるが、世話人全員で進行を見守ろう、ということを以前世話人会でも確認をしたため気持ちは楽。内容が脱線してどんどん脇にそれそうになったら、ツッコミをどうぞいれてきて下さいと再確認しながら最初に挨拶をする。

今回は初参加者もあり、活気づく。少しでも何かを持って帰ってもらおうと、様々なアドバイスが飛び交う。

交流会で話してもらうべきは世話人ではなく、一般の会員さんである。つい話をさらってしまいがちな方や、宇宙に飛んで行ってしまいそうな方(わたしか)のお話や内容、時間には注意を払いながら、皆が気持ちよく参加出来るように気を配る。

特に介護中の方であったり、初参加の方にどんどん話をしてもらうように進める。誰かが振ったお話がうまく膨らみ、会員同士の話がはずみ、うねりのようなものが出来ると、やった良かった〜と心より思う。

今回はその、うまくいったね、な日でありました。自分の中でもドーパミンが大放出されたような感じ。毎回こんなふうにいくといいのですが、なかなかあたふた毎回いたします。(つづく) イラストは、進行がおしてあたふたする時の様子、、、。冷や汗ダラダラ出るのであります。(群青亜鉛:ぐんじょうあえん:illustrator)


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。