イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

介護リフトのスリングシートを甘く見ていた

4月 22 2012 | 介護福祉用具

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。いらっしゃいませ。

祖母の移動リフトによる移乗の様子

スリングシートの装着の仕方で、移乗後の姿勢が格段に変わる

介護リフト(別名:介助リフト・ 介護クレーン・移動リフト等)のスリングシート(釣り具)は、体格や体の具合にあわせて長さが調節出来るのだが、今まで甘く見ていたことを痛感しています。(^_^;)

《スリングシートとは:自力で移動することができない人を介助リフトで運ぶときに、その人を乗せるためのシートのことです。(介護110番より)》イラストではグリーンの部分。(Slings and Lift Sheets)

介護リフト(介護クレーン)は、障がいの度合いが重度になった人でも人力に頼らず移乗が出来る優れものです。身体を機械で吊り上げて移動させるものと言うともっとイメージし易いでしょうか。 在宅でも使えるタイプはリースもありますので、今在宅でみてらっしゃる方もこんなんもあるんか〜と頭の片隅にでもいれていただければ。

さて、このスリングシートの状態でいい姿勢に座らせられると、移乗後の姿勢も格段いい状態にデキル。それを本日発見致しました!今まで何を悪戦苦闘して祖母をポータブルトイレに座らせていたのか思い出せないぐらいだ。

そんなん常識っ と 介護職の方はおっしゃることでありましょう。

介助が楽になるかはスリングシートの装着座らせ方にかかっている

私、ぐんじょうあえんのばあちゃんの使っているスリングシートはセパレートタイプ。上半身と下半身に吊り具が分かれているタイプのものです。(女性の水着でセパレートタイプといえば、上下分かれているものですから意味合いは同じですネ)ふとももに渡すスリングシートも、背中から脇にかけて渡すスリングシートも、どちらも長さが3段階に調節出来るもの。実は私が行って介助する時は、余り深く考えずにこの目盛りを決めていました。

結構寝たような姿勢になるときもありトイレに座らせる時が難儀していましたが、ここ最近はバランスよく調節できるようになったのです。

すると、あとの介助が本当に楽に!!トイレに座らせてから、姿勢を変えるコトがなくなりました。これをシミジミ感じたのが4日前です。そんなに違いはないだろうと思っていましたが、とんでもない!あとの介助がスムーズにいくかいかないかは、この座らせ方にかかっているといっても言い過ぎではありません。

どのメーカーのパンフレットを見ても、スリングシートは大切です!!と記してあります。本当にその通り。もっと勉強しなくっちゃと思った次第です。

本日のイラスト。介護リフトを使って、ばあちゃんをポータブルトイレに座らせる直前の図です。

◇壁にはシーティングしたばかりの車いすの調整の図解を、スタッフさんにわかるように2枚貼っています。上のは、「車椅子のクッションは動かさないで下さい」と記しています。

◇タンスの上には車いすに座らせた時、誰もが同じ様に座らせられるように図解の指示書を置いています。

◇車いすにも小さいサイズの指示書を取り付けている。この指示書や図解に関しては、ここ2週間ぐらいの書き込みをさかのぼってくださると出てきます。



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:イラストレーター

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とする。家族介護者の視点で、コミュニケーションの現状と次の一歩をユーモアをまじえて発信中。ばあちゃんへの”いっちょかみ介護”実践する。
◆介護関連著書◆
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜



介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。