イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

クッション挟めばいいってもんじゃないっしょ(脚の屈曲拘縮への対応4)

4月 14 2012 | 人の身体と動作

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。いらっしゃいませ。

クッショん挟めばいいってもんやないっしょ

20120413クッショん挟めばいいってもんやないっしょ

『股関節広げるために、挟めばいいってもんじゃないってば。』

シリーズ:脚の屈曲拘縮への対応 その4です。

良くするのではなく、現状維持を。101歳バア

「おばあさまの場合は現状維持で精一杯です。車椅子姿勢では、上半身の姿勢を整えることを大事にし、拘縮のある脚は自然にまかせ、無理に伸ばすことはしていません。」

若くてこれから身体機能の回復が望める方への対応とは異なり車椅子の上で膝を伸ばそうと無理に足を引っ張り出すと上半身の姿勢が崩れます。加えて苦痛が伴います。屈曲拘縮への対応はベッドの上でするのがいいと私は考えます。

越後の理学療法士 大渕哲也さん(physiotherapistの略で、理学療法士さんは、 PT((ピーティー))さんとも呼ばれる。この後からはPTさんと記します)のアドバイスは続く。

伸ばす時間とラクチン姿勢の時間のバランス?

「横になっている間中、例えば膝を伸ばすためにでっかい俵型のクッションを入れるというだけではなくて、出来るだけ膝を伸ばそうという時間帯と、あとは何のストレスもなく本人が楽な姿勢でベッドに寝てもらう時間帯とがバランスよく必要で、どっちか過ぎてもまずいわけです。」

えっ?そうなの?

昨日既に家族である私は、特養のスタッフにさんに「この俵型のクッションを、膝の間にガバっと挟んでもらって構いませんから〜。」と伝えてしまっていたグンジョウである。(イラスト参照)

祖母の身体を診てくれはったPTさんに相談してからと思っていたが、気持ちが焦った。

“そうか、ベッドの時に股関節が内転しないように股関節を広げたらいいんや!寝てる時に大きなクッションを挟めばいいやん〜。”と、PTさんからきちんとしたお話を伺う前に、職員さんにお願いしてしまったというわけである。

アドバイスを聞いてから、仰向けに寝かしっ放しになってしまうんじゃないかしらん〜とやけに心配になってきた。

心配し過ぎよう

特養入所中祖母、就寝時にはじょくそう予防のため3回体位交換してもらっている。スタッフはプロ。上向いたままにするはずないやん!と思い直せたのは3日後である。

G(グンジョウアエン):挟めばいいってもんじゃないんですね。

PTさん:ないんです。基本的にものを挟んで伸ばすっていうのは本人さんにはストレスだからね。ベッドにいる間中、それがすべてっていうのもかわいそうでしょ。

G:そうか、私たちでも無理にストレッチすると痛いものね〜。スタッフさんと相談しながらしないとあかんいうコトですよね、、、。(細々伝えるのはNG、月末の半年ぶりのケアプラン会議でまとめて提案としよう。)

これからはベッド姿勢ももっと学ぼう〜。目先のコトだけでなく、自分の中にはもちょっと俯瞰で見る目が欲しいですなあ〜。(続く)

脚の屈曲拘縮への対応 その4(クッション挟めばいいってもんじゃないっしょ)でした。



群青*介護ブログ関連記事です。
↓ばあこの、脚の屈曲拘縮への対応 ↓ 
※すべて祖母の場合の対応を記しています。右片麻痺。ティルト&リクライニング車椅子使用

対応1(伸びない膝と骨盤と、背骨の関係がよくわからない)
対応2(車いすの足元を考える)
対応3(どちらをとるのか)
対応4(クッション挟めばいいってもんじゃないっしょ)
対応5(ベッドでの体位交換について)
対応6(車椅子調整後の指示書は、壁に貼る)
対応7(曲がる膝を無理に伸ばすジジババ上半身は後ろ倒れる)
対応8(車椅子の足元の調整)
対応9(楽に座れる人・膝が曲ってしまう人)
対応10(屈曲拘縮すすむぢゃん、と思っても。)
対応11(曲がってる脚をどうやって、安定する様に下ろすのか)
対応12(チープに見えても、必要なこと)



↓関連記事 のタグはこちら。
2013年からは、ポジショニングも同時に行い、かなり緩んでいます。ポジショニングの効果もに驚きです。
ばあこ102歳からはじめたポジショニング 介護 実践とその効果
baa.gunjoaen.com/blog/tag/寝る姿勢



↓こちらは介護ライブラリでの連載「ぐんじょうあえんの自宅で介護お助けヒント集」
ポジショニング関連
vol.15寝る姿勢を整える編(安楽に保てた時の驚き)
vol.18寝る姿勢を整える編2
vol.19寝る姿勢を整える編3



これも結構大事
vol、22介護ベッドの 疑問と不思議を考える編



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。家族介護の視点で、介護の現状と次の一歩をユーモアをまじえて発信中。ばあちゃんへの”いっちょかみ介護”実践する。
◆介護関連著書◆
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。