イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

傾聴講座参加(’10 09 02)

9月 02 2010 | 日々日常

ここ数年、殿方のビジネスマンにお会いする事が多く。
介護の関係のイラストの仕事や、
そんな情報も発信しているというお話をすると、何かと
介護の体験や、今こんなので困っている
という事をぼそぼそとお話して下さる事が多かった。
話を伺う事で、もしかしたらお役にたっているのかもしれないなあ、
もう少し、ちゃんと話が聞けたらなあ、
と思って、そんなきっかけで講座を受講しました次第・・・。

傾聴っていうのは、、、
うん、うん、ふむふむ、そうなのね、へえ、そうなんだ、と相手の話を聴く事。
というとわかりやすいかしらん。
こちらが聞きたい事を、あれやこれやで聞き出す  のではなく〜
受け身となって、共感しながら、ただ、聴く、こと。
相手が話したい事や、伝えたい事等をを受け止める事かなと今の私は思っております。

介護の真っ最中の時は、(いえいえ、介護だけにかかわらず、日常でも〜)
こんな事があって、あんな事があって、こんな出来事でびっくりして、こんなことでむっ、として等々を、
人に聞いてもらえるだけでストレス解消になりましたし・・・。
聴くだけでは事の解決にはならないかもしれんのですけど、
話す方はいろんな物事が整理出来たり自分で解決策を見つけていくような気がしますねえ。

つるつるつるつるっと、
お会いした方が知らんうちになんだかいろんな事を話していて、
知らんうちにご自身で解決の糸口を見つけてすっきりつるんとした清々しい顔で帰って行く、、、
そんな聴き上手に、なりたいもんですねえ。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Trackback URI | Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。