イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

そないにたくさん話されても、直ぐに理解できまへんのねん、わたくし

9月 10 2010 | 病院・お医者さん

歯っ歯っ歯っ 4

歯がじぇんじぇん噛み合わなくなった日より、一日 間を置き
水曜日に駆け込んだ、昔御世話になった矯正歯科 Cセンセイ。
お懐かしや!
そのCセンセイより紹介して頂き、
最終的にその日のうちに行き着いた歯科医院 D・・・。

〜紹介はしますが、治療方法や、合う合わない等の相性もありますから、
そのあたりはご自身で判断されてから御決め下さい〜

どんな先生かしらんと不安ながらも、約30分後にとにもかくにもたどり着く。

結果。
このDセンセイ、延々と。治療に関して、途切れる事なく延々と。

レントゲンを取った画像をパソコンで一緒に見ながら。
顎の話から、ストレスの話。顎関節症の話から骨の話。
歯の歯根膜の話から神経、脳の反応の話から。
そないに長く話をしてもらうのも申し訳ないんではなかろか、と思ってしまうほど、ずいと話をしてくれはるのでありました。

“どの歯医者さんも、いつもこれだけ話をしてくれてはったら、
よくわかるのになあ〜うれしいのになあ、”と思うものの。

永遠にこのセンセイはしゃべりつづけるんではないか、止らんのではないじゃろか。
こんなにセンセイを独占してよろしいんでっか、
待ってる患者さんすみませんという位、ずっと説明が延々と。

専門的な話はつらり、つらつら。歯好きなぐんじょう 、 
うれし恥ずかしあっけに取られ、うきりとわくわく。
ですが いやはや内容に、さっぱりついていけてませんのねん、わたくし。


目が見開いてギンギンと血が通うよなお話しで。
最初から最後まで録音して、日々復習して聞きたいぐらいですわ。
センセイ次回ipod持ってきますので、録音させてもらってよろしいですか?
OKの返事に、よっしゃ、次回予約が取れた金曜日は、持参するぞの決意を胸に。


何が悩みどころなのか。

はっきり言ってきりがない歯の治療。(虫歯の治療という意味ではなく)
高さを盛ったところで、どうしても欠けるし、削れる。
矯正して並びがきれいになったところで、それが最終ゴールではないところが悩ましい。
歯を使っている内に、その時のベストな位置に、歯、はみりみりと移動する。

ぐんじょーは奥歯の高さが低い。だから、歯の噛み合わせが深いのだ。
だから今後、どないなるのか、どこにゴールを置くのかが、まったくイメージが出来ないんである。
永遠に続くような気がして、途方にくれるような気持ちになるのでありますんです。
                     つづく。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Trackback URI | Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。