イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

背高のっぽのお風呂椅子発見!から始まった2012年

1月 01 2012 | 介護福祉用具

高さのあるお風呂椅子
あけましておめでとうございます。皆様にとって、2012年がよい年になりますよう。本年もよろしくお願い致します。

2012年の幕開けの最初に行った事は、「108つの煩悩捨て」でありました。除夜の鐘が終わった頃にスタート。いつも使っているダイアリーに書いてあったので試してみたのですが、それはどうも大晦日にやっておかなければいけなかったことの様。しかしそれに気がついたのは新年の朝なもんで、年明け直ぐの深夜はまったく疑い用もなく、煩悩書き出しに必死でありました。

眠気でこっくりしながらも、ノートに、1.◯◯◯なぼんのう、2.3.4.・・・・と書き出し始めましたが、そないに出てきません。最初の30個ぐらいは大変です。あと70いくつもどうやって出てくるんだ〜???と思いながらも書き続けていたのですが、出てくるもんですな、ぼんのうは。ぼんのうながら侮れん。 皆様もどうぞトライしてみてください。

加えてこんないいもの発見!で心躍ったことは・・・背高のっぽなお風呂椅子!!
年末〜元旦は、夫の実家のファミリーで和倉温泉へ行ってきたのですが、宿泊ホテルの温泉の体洗い場にあったお風呂椅子に驚愕〜!! かがまなくても座れる、でも、介護用のお風呂椅子みたいに脚が4本付いているわけではなく、ふつーのお風呂椅子がそのままずぼっと背高のっぽになった感じ。おー、こんなのがあるのね。いくつかがそんな全体が高くなっている場所になっていて早速使ってみました。いいわ〜♪椅子に座っている感覚ですもん。

欲を言えば、シャワースタンドの位置が奥深くにありすぎなこと。せっかくバリアフリー仕様に作っているのに、結局、中腰前かがみにならなくちゃシャワーヘッドが取れません。(意味ないぢゃん〜!)

この不便さえなければ、100点満点〜!!なんですがね。

今回気がついたのは椅子についてでしたが、お風呂場の足元はどうしても安全ではないと感じます。すってんころりとこけて目の前で頭を打った人を見た事があるとは、姑の話でありました。元気な人が歩いても、足元は濡れているので、滑りがちです。今後はどんな浴場でも、その転ばない対策を取っていただきたいと願う次第です。
(群青亜鉛:ぐんじょうあえん:illutrator)

☆群青*介護Blog☆管理者ピックアップ関連記事
これは、四本脚のお風呂椅子。であります。
姐さん、お背中流しやしょうか


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。