イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

ジさまが、片手でスイスイ押していたシルバーカー

12月 21 2011 | 介護福祉用具

片手で押せるシルバーカー

久しぶりに大阪環状線沿線沿いのグンジョー行きつけの歯医者へ。ここは噛み合わせ専門で、「いえもう結構です、先生めっちゃ患者さん待ってはりますやん(大汗)」とこちらが気を使う程、治療に関してちゃんと説明をしてくれるたぐいまれなる歯科医院である。HPは内容が増々マニアックになって来ている様に思えるのだが、それはそれで差別化となっているそうで、歯医者を渡り歩きくたびれ果てた患者さんが遠路はるばる通って来られる様になってきたという。おっと、歯医者話は止らなくなるのでまたいずれ・・・。

その歯科治療が無事終わり、大阪駅に向かう環状線の電車内。駅は忘れたが一人のジ様が足取り軽やかに乗って来られ、座席にするりとご着席。ぐんじょうの目はその鞄?に釘付けだ。なんだ、片手のその不思議なキャリーカートは!?

つえとカートがドッキングした様なその形状はえらく扱い易そうで、土台はしっかりしているのに軽そう。これはスケッチせねばと、スケジュール帳をおもむろに出し鉛筆で描き始めた。(失礼ながら、座席越し後ろ斜め上より)操作した時の動きはどうなっているのだ〜?うーん、気になる〜。タイヤ部分の構造はわからぬ〜。

と、群青の目的地である大阪駅に電車到着と同時にジ様も下車。スイスイと前を歩かれる。あまりにもスムーズな動きに、すみません〜と大声で声をかけたのだが声は届かず〜真っ直ぐ進まれる。(補聴器を付けておられた)。こりゃ追跡しスケッチするしかなかろとホームから後を追いエスカレーターへ、そして改札までジ様を追いかけた〜。(おやまあ、ストーカーぐんじょうか〜?)まったく不自由なく改札より外に出られた。

分析してみた。片手で扱えるのがポイントか。両手だとどうしても乳母車を押すような姿勢になってしまい、操作を嫌がる方も多いかもしれない。この半年で、街中でも殿方がシルバーカーを両手で押す姿がちょくちょく見られる様にはなったがまだ少数。どうしてもそんなかっちょわるいんイヤやとなりそうだが、こんな片手で押せる形でサイズも手頃だと抵抗感なく使えそう。これはいいぞー。(^^)

きっともう、常識ぐらい皆さん使っておられるのかもしれませんが、グンジョーは初見!!でしたので、記させて頂いた次第です。イラストはクリックして頂くと、大きく表示されます。

2012年1月6日追記以下:
いいシルバーカーがないかとずっと探している夫の母上。皆さんが今見てくれているこのページと、おそらくこの商品だろうというウェブアドレスを知らせた所、「これはね違うのよ〜私にとっては重たいのっ」とばっさりと断言されてしまいました(T T)。

売り場で見るのと、実際に使ってみるのではまったく異なるとのこと。あーでもない、こーでもない〜百貨店にあるのもダメなのよ〜とぜんぜん納得のいかん夫の母上に、「わかった!!おかあさん!!4月に、バリアフリー展行こ!体力つけといてな。当日に販売はしてないけど、そこ行ったら、最新の製品も見れるし試せるし、いろんな会社が出品してるし。嫌っちゅう程迷えるで〜♪」とお約束取り付けた次第です。    あー、目の肥えた母上様は手強きかな〜。



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

(↓2014 05追記)
103歳特養ホーム入所中 祖母ばあこをトキドキ通い介護中。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて発信17年目。
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。