イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

ええかっこしぃも出来る空間 なのかしら

7月 27 2010 | 介護者会・家族会

昨日、所属している高齢者介護者の集いと、認知症介護者の集い、の合同の世話人会に出席。

社協(社会福祉協議会)も手伝う形で、男性介護者の集いを考えているとの提案に、それならなんらかの形で手伝いたいと、エントリーする。男性はなかなか介護者の家族の会に参加しづらいとのリポートあり・・・ 。

殿方が、介護の話を、腹を割ってする、なんて、なかなかそこまで行きにくいんだと思う。

その場で、話が出来そうな人と出会えて、介護の情報も持って帰ってもらえたら、それでいいのじゃないかしらん。
ほどよい距離の関係で、いいと思う。

殿方が、ええかっこしぃも、出来る空間であれば。

その場がある、ということを、知っていてもらえるように。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Trackback URI | Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。