イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

おばさまキラー?事業所の管理者さん

6月 18 2008 | 介護者会・家族会

1ヶ月前に参加した認知症介護者の定例会での事

介護支援事業所、デイサービス、ヘルパーステーション等の管理者の方(T氏)が来られていた。

テーブルに分かれての食事時、 認知症介護者を抱える家族の質問に対してT氏は本当にわかりやすく、真剣に、真摯に、思いを込めてひとつひとつ丁寧に答えて下さった。今迄そんなにきちんと答えてくれた介護士さんは、誰一人としていなかったためか、そのテーブルのメンバーは皆、そのT氏に惚れ込んでしまう〜。

「指名して、相談にいっていいですか?」 そんな声があちらこちらから。

“おっとこまえ〜♪” である。

皆、”全身から発するまじめさと、熱き思いにしびれる〜。であった。
ホレボレした。

やはり、、、人。 人に魅かれて人は集まるのだ。

きっとそのT氏がいる限り、その事業所は、利用者さんに困らないのではなかろうか〜。 

 


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。