イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

まゆ玉(絹)で歯を拭いてみた。

12月 07 2011 | 介護の工夫

まゆ玉で歯を拭く
友人からもう使わんからあげるわ!と「まゆ玉」をもらった。まゆ玉とはなんぞや? 蚕の作った「まゆ」そのもののホンモノで、これがどうもコスメとして人気らしく、顔を洗う時に使うと角質が取れてお肌つるつるになるのだとか。 

“いやん♪つるっつる♪”なんて大した実感もないままにしばらく使うものの、指先にかっぽりハマるぐらいの微妙なサイズは、実は干したりするのも扱いづらく、洗面台の片隅に追いやられていた。

さて、私、群青亜鉛この4ヶ月歯医者に行けていない。虫歯があるわけではないが、そろそろ歯がネバネバした感じがするので、歯医者に行ってクリーニング&歯石を取ってもらいたいのだが、なかなか辿り着けない大阪環状線〜。歯磨きだけでは表面にうっすらついた歯垢が取れない感じがして少々気持ち悪くなってきた。そこで、100歳ばあちゃんの歯を拭く様に、このまゆ玉で歯の表面を拭いてみた〜! うまくいったらもうけもん、と思ってトライ。

お風呂に入りながら歯茎マッサージも兼ね、歯磨き後に口を大きく開けながら何度も拭いてみた。ふむ。結構行けるではないの?キュキュッと音が鳴るぐらいきれいになる。何回も洗って使えるし、いい感じである。

わざわざ、”お薦め♪”とはよう言わんのですが、使わずに放ったままのまゆ玉がある方はまあ騙されたと思って一度お試し下さい。結構歯の表面の歯垢が取れる様に思えます。でも口の中は、絹臭い感じになりますのでご注意下さい。

次回ばあちゃんの歯を最後これで拭いててあげようかしらんと思う次第〜、歯を拭くための専用ガーゼは扱い難いのだもの。あ、歯を拭く歯茎を拭くといえば赤ちゃんですが、この繭玉、赤ちゃんにはあうのかどうかまったくわかりません。もしかするとアレルギー等が出るかもしれませんので、やはり赤ちゃんには滅菌したガーゼが一番ではないでしょうか。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。