イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

靴下リメイク

6月 17 2008 | 介護の工夫

かかとがすり切れて履けなくなった靴下は、
こんな具合に肘や、手首のサポーターとして活用出来ます。
介護では、結構肘や手首を痛めてしまいます。是非作ってみて下さい。

かかとの部分は2のように納めて針と糸を活用してかがってしまいます。

まあ、見えない様に中にいれて下さってもかまいませんが、私は外にかかとを出して可愛く♪

群青は、肘が冷えるんですわ〜。だから多少きつくても愛用しています。

特に左肘は心臓ともつながっているそうです。
冷やさない様にしてくださいね。

(追記:2011年11月2日)古くなったくつしたと言うのは、ほどほどのゆるみ加減でなかなか良いのです。群青は、お気に入りのを片方、まちがって捨ててしまい、片方だけで使っていますが、足首に使うのもいいです。(柔らかさやゆるみ加減が絶妙で、片方だけど捨てられない)夜、おしっこに何度も起きてしまう方、足首に使って暖めてみて下さい。おしっこの回数が減るそうですよ〜。(友人談)
(追記:2011年11月21日)
わざわざ縫わなくても、かかと〜指先の足の箇所を切り捨ててしまえばいいんですがね。そうやって使って頂いてももちろんいいですが、それでは短くなってしまいますので・・・。

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん)】illustrator 母方祖母を親戚同士で約10年の在宅介護の後、現在は特別養護老人ホーム入所10年目になる101歳ばあちゃんへのトキドキ通い介護を続けている。在宅介護家族の視点からみたイラストエッセイを得意とし、おっちらおっちらマイペースに執筆をしている。
******************************************************
にほんブログ村 介護ブログへ
******************************************************


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。