イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

車椅子のフットサポートの位置、高過ぎてない?

11月 22 2011 | 介護福祉用具

車椅子のフットサポートの位置

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛です。

フットサポートの位置、調節出来ますよ〜


車椅子に乗っているじじばばの姿勢を見てみて下さい。膝、突き上げられていませんか? とくにジジ様殿方が車椅子に座っている姿勢で、膝が突き上げられている姿をよく見るように思います。

体格の大きな祖母が、最初、一般的な自走式車椅子を使っていたとき、足は結構突き上げられていたと思います。車椅子の調整もよく分からなくて、フットサポート(足を置く板)の高さを初めて触り調節出来ると知ったのが、介護をして9年目ぐらいだったんじゃないかなあ。

イラストは極端な例ですが、太ももも浮いて、おしりにも体重が集中してかかっています。ずっこけ座り、滑り座り(仙骨座り)を誘発しているかも、、、。足の裏にかかる力は結構強いです。そんな場合、フットサポートの位置を適切な高さに調整して下さいまし。フレームの先端か、フレームの横にボルトが付いていると思うのですが、そこで調整出来ます。車椅子の購入時に付いている専門の工具(簡易スパナ)等で、、、、。あるいは、身近な介護職の方に、ご相談下さいませね。

(↓追記2014年10月)
◇在宅介護中の方のお知恵拝借◇
ぐんじょうあえんの大先輩で、自宅にいらっしゃるお母様を遠距離介護されている知人は、介護用品のレンタル業者さんには、直接の支払いをすると言うてはりました。顔見て払う、あったり前よ〜とな。そして、不備があったら修理してもらう。頼みたい事があったらする。 毎月の銀行引き落としなんて、業者さんにとってはいいかもしれないけど、そんなことしないわようー。だそうです。ご参考まで。



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター
◆介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。家族介護の視点で、介護とコミュニケーションの現状と次の一歩をユーモアをまじえて発信中。祖母への”いっちょかみ介護”実践する。
◆介護関連著書 2冊
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。