イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

骨盤の後ろの隙間はタオルで埋め、支えをつくる

11月 10 2011 | 人の身体と動作

骨盤の後ろにタオルを詰め、支える
こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)です。

なんのこっちゃでありましょうか。これは車椅子の図です。あんまり見た事のない車椅子かもしれませんが、要介護度が高くなるとこの車椅子の利用率は高くなります。

さて、実際に車椅子に自分で座ってみて、お尻の骨盤の仙骨面に支えがある場合とない場合を先日体感した。ちょっとずっこけた座り方をしてみるとよくわかる。支えがある方が、姿勢が安定するのだ。

イラストは先日祖母の介助に行った時の車椅子調整の様子。ピンク色のが背もたれとの間に出来た空間に埋め込んだタオルです。黄緑色のクッションは全部三角クッションです。

右片麻痺で、円背(丸くなった背中)もあり、腰は複雑に曲がっている100歳の祖母が普通に座ったときに骨盤の後ろに手を入れると、かなり空間があいてごそごそした感じです。座ってもらってからタオルを詰め込みましたが、腰と背もたれに私の手が挟まれながら、ぎゅうぎゅうと。うーむ、動けないから、ばあちゃんしんどいだろうなあ。

これはリクライニング&ティルト機能の車椅子ですが、通常の車椅子でも応用出来ると思います。骨盤は出来るだけ立たせるのが大事ですが、股関節が動かせる範囲は人によって変わってきますので、充分注意しながら行って下さいませ。

車椅子調整とは、その人に合う様に、車椅子を調整すること。(座面や背もたれ、足置き、肘置き等)
リクライニング&ティルト機能つき車椅子 とは 背もたれが倒せる機能と、座面と背もたれの角度を一定にたもったまま、全体の角度を変える事が出来る機能のある車椅子を言います。

※「車椅子シーティング」とするよりも、「車椅子調整」とするタグづけの方が言葉として適切かと思い、記載しています。※

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター



gunjoaen

◆プロフィール◆介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。家族介護の視点で、介護とコミュニケーションの現状と問題をユーモアをまじえて発信中。”いっちょかみ介護”実践する。
◆介護関連著書◆
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。