イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

鼻と耳と目を利かせ、食すソフト食なるもの。

11月 02 2011 | ばあちゃん日記

食事のメニュー聞き耳立てる
祖母毎日特養にて食する『ソフト食』なるもの。原型をとどめないものなので、見ただけでは何のメニューかわからない。

他の人の食事のお盆を見てはじめて、食事内容を理解実感する。毎回一通りメニューを言うてくれはるのだが、直ぐ祖母に復唱してすぐ忘れてしまうので、ホワイトボードに記したメニューを何回か確認しに行く。

食べさせる時は、鼻をきかせて、おっ、これはキュウリだな、おっ、おれはなすびだな、と解説しながらである。スタッフがしてくれるメニュー紹介はみんなに聞こえる様にエンターティメントして欲しいものである。端にいる人には背を向けられ、ちびっと、寂しか〜。

スマートフォンは持っていないが、次回は普通食のお盆を携帯で写させてもらって、それを見せながら食事をさせるとするか〜。スマートフォンを持っている方は、是非お試し下さりまっせ。

(群青亜鉛:ぐんじょうあえん:Illustrator)

追記:11月10日普通食の撮影は無理だったのですが、ホワイトボードのメニューは激写。それを見て解説しながら食事介助を致しました。)


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。