イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

入所者家族の理想と、施設の目指す所はちょと違う。

11月 01 2011 | 人の身体と動作

でんぐりがえり家族の求めるものと、施設の方針や、目指す所はちょと違う。いや、かなり違うか。施設では沢山の人を介護するので、介護の平均化(及第点)というものが必要な気がする。ベストは無理だからここまでなら誰もが出来るという及第点。これも簡単ではないが。

いろんな体の状態の人がいて、みなそれぞれ、体はぐねぐねである。 それを及第点ながら、均一に座ってもらったり、寝てもらったり、介助をせんといかん。そして、スタッフの中には新人さんもいれば、ベテランさんもいる。すぐ物事を把握出来る人もいれば、群青のように鈍ーいニブちんな人もいるだろう。誰もが出来るやり方になってこそ、で、その人がいなくなったら誰も出来ないやり方、誰も真似出来ないやり方のスペシャリストがいても、困ってしまう。(それが家族なのかしらん?) 

多人数を相手にしているスタッフさんと、オンリーユー♪(プラターズの歌で)その人一人を見つめていればいい家族ではおのずと出来る事が異なる。

群青の祖母、特養へ入所して9年目の100歳。先日昼食介助に行くと、ちょうど祖母の担当職員さんが新人さんに祖母の座り姿勢の指導をされていた。だんだんクッションが手前に出て来ている感じだ。ークッション座面の奥行きがしっかりあるので、太ももの支えもしっかりしてくれて圧が分散するからいいーと担当職員さん。ああ、それはわかるのだが〜。クッションは前方に出過ぎで膝裏に圧がかかっている。膝裏がクッションに引っ張られ、すべり座り(仙骨座り)になっている事に気がついて欲しい。だが今話しても長くなる。でも施設のやり方もある。うるさすぎの家族でごめんなさい〜。

ー朝は特に拘縮していますから、脚が突き上げられますね。ー以前渡したメモ、読んでくれてないのだな〜きっと。クッション1枚抜いてもいけるんちゃう?なんで抜かないの〜?一番下の4センチクッションの意味は何〜?車椅子の肘置きの上に設置するテーブルが、脚で突き上げられている時もある。クッション重ね過ぎで厚みがあるから、、、それはどうなのだ〜?

ー脚が今日はこれぐらいにうまくおさまっています。ー
ああ、脚、脚、脚ね。そうか、脚をきっちり真っ直ぐセンターに持って行きたいのね、でもそれは無理じゃないかしらん?既に体は歪んでいる。真っ直ぐ真ん中に持って来ようとする方が、体が歪むと感じる。家族の思いは、脚はどこにあってもいい。頭部さえ真っ直ぐしておれば。

嗚呼〜と思いながらのこんなことは、また少しずつ行った時に解消していこう。家族が行った時だけ手間のかかる事はやればいいか。普段は平均的な誰もが出来る(理解)出来るところでお願いしよう、プロにおまかせするのがいい。という部分で納得するのであるが。でもまだまだ出来る事はあるので、トライして行こう。少しづつ、少しづつである。ふうー時間はかかるが気長にいきたい。

いやんゴメンナサイね、うるさ過ぎ家族。

※「車椅子シーティング」とするよりも、「車椅子調整」とするタグづけの方が言葉として適切かと思い、記載しています。

gunjoaen

【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : 介護イラストレーター】

《↓追記です2013年9月》
プロフィール::在宅で9年半、親戚同士で介護の後、102歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中11年目。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて1998年より発信して16年目♪

2013年9月 神戸で個展♪ご案内こちら
介護ライブラリにて:「自宅で介護お助けヒント集」連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。