イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

自分が元気でないと、面会に行けない

10月 30 2011 | 介護全般

体も気持ちも進まない

風邪をひいて鼻をグズグズしていたりすると、うつしてしまうんじゃないかと特養には行けなかったりする。なーんて最初に体調を書くなんて、自分がグズっている証拠であるな。昨夕は、くしゃみと鼻ぐずで行く事が出来なかった。 体調も大事だが何よりも気持ちが大事ぃ〜行くぞ!の勢いが必要である。それに無事乗れると大丈夫、一気に波に乗るのだがのう。自分とのコミュニケーションが一番難関か。

いっちょかみな気持ちで楽しんで行ける時はいいのだが、義務化すると一気に気持ちは硬直である。いかんいかん、数え101歳ばあちゃんに、遊んでもらいに行くぐらいの気持ちでいると一番良い気がいたしますな。「ばあちゃん今日も遊んでもらいに来たで〜♪孫を、遊んだってくれ〜い♪あっそんで〜。」

今日はばあちゃんに適度に刺激を与える事が出来、上出来上出来〜♪ 夜の食事〜歯磨き〜ポータブルトイレ〜就寝までの一連の介助がスムーズにいき、ギリギリの最終バスで山を下りずに済みました。 夜の介助に慣れたせいかしらん。夜はパジャマに着替えさす時に、体の状態が点検出来るので良いです。 (膝に結構傷がある事が多い〜これはなんでじゃろ。)座骨のじょくそうは治っていてほっ。いつもとは違う時間帯に、介助に行くのはお薦めです。

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん)/Illustrator】


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。