イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

入れ歯の具合が悪いと不機嫌になるのかも。

12月 31 2011 | 病院・お医者さん

歯は大事よ〜
新しく入れ歯を作り直したにも関わらず、噛み合わせがうまくいかなくて、端で見ていても、ちょっと精神的な様子が変になっている気がする・・・・。これは夫の父の話です。

この秋に夫の実家に行ったのですが、なんだか義父が元気がない。あれやこれや聞き出してみると、新しい入れ歯がちっとも合わないそう。義理の父は上あごだけが入れ歯なのだが、下の歯との噛み合わせが根本的にうまくいかないらしい。なんどか通って調整してもらってもよくはならないそう。

“へたくそなんや〜あの歯医者”と本人は言い、「作り直してもらいなっさあい!!」と家族の皆がぴーぴー言うても、口を濁す。なーんだか歯医者とのコミュニケーションが上手くいってない感じです。入れ歯を作り直すとしたら、半年先にならないと、保険がきかないのだとか。それもあって、どんどんあいまいのまま先送りになります。

歯茎はどうしても痩せるからねえ〜、と、歯医者さんが新しく作った入れ歯は、上あごの部分(ポリデント等を付ける部分ね)の厚みがものすごい。歯は前に出っ張って作られていて、鼻の下はもっこり丸く外に出っ張り、鼻の下が異常に長ーく、変な人相。いつもの明るい笑顔もくすみがち〜。

この様子だと義父が鬱になりそうな気配がする・・・危ない感じがする・・・。そこからおぼけさんになる可能性もなきにしもあらず〜(独断と偏見に満ちてはいるが)。年内に1度は顔を見ないと心配やん?歯ってものすごく大事ちゃうん?とヒヤヒヤぐんじょーは思っていた。

で、強行突破?でクリスマスに遊びにいくと、ほっとする位いつもの調子に戻っていました。聞くと、過去3個作ってもらった入れ歯の、一番最初のをまた装着しているのだとか。この古いタイプのものは安心して扱えるらしいのだ。(まったく解決にはなっておらんこと事態が問題やけれど〜大汗)

今回の夫の父の表情の暗さ(?)等を見ていると、改めて歯の調子の善し悪しは、生活全般に関わってくる様な印象を受けました。

歯の噛み合わせも悪ければ、頭痛や腰痛、身体のあちこちに影響が出て来ると言います。入れ歯も同じ〜。根本的な身体のバランスや噛み合わせを分かった上で、適当にせず、しっかり責任を持って診てくれる、学び続ける姿勢の歯医者さんが増えて欲しいものです。

皆様、くれぐれも、歯を大事にして下さいませね〜。



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター
◆介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。家族介護の視点で、介護とコミュニケーションの現状と問題をユーモアをまじえて発信中。”いっちょかみ介護”実践中。
◆介護関連著書 2冊
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。