イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

車椅子調整を、車椅子に定着させる為の工作あれこれ

9月 02 2011 | ばあちゃん日記

車椅子調整の臨機応変に対応出来る頭部クッション

本日は、せっかくの車椅子調整を実際に車椅子に定着させるための作業の一連をイラストと共にご報告&ご紹介。

祖母の介護の為に特別養護老人ホームに通っていると、通常の介護とは別の事をしてあげたい時なかなか時間がとれず困る。食事介助もトイレ介助も横になってもらう介助も全部した後で、さて何かを、、、、、となると、なんだか体力が持たないのだ。そのため、いつもとは違う、祖母が横になっているであろう時間午後2時頃に行ってみた。

昨日は午前中はホームセンターへ用具調達に。スプレー糊と、太めのマジックテープを探しに。せっかく調整し布ガムテで固定してもらった車椅子調整も11日目を過ぎ、だんだん崩れて来て見た目もよくなく、使い勝手もよくないので一気に作ってしまいたい。クッションにカバー替わりに直接布を貼付けましたが、これが出来ればあとは作業も早く済み、約2時間半でこの完成図の状態に〜。

マジックテープはサイズが大きくて10センチ×18センチで接着テープのついたものです。マジックテープでクッションを装着出来ると、背シートの曲線にクッションが沿う様になるのでもたれる体に無理がなくいい。接着がダメになったらスプレー糊で着ける事も出来るので気が楽。背シートの両サイドにも何カ所か着けたいと思っています。

今回の様に、頭部のクッションの形を固める事が出来た(基本の形が完成)ことと、自由に動かせるようにマジックテープを装着した事で、その日の体調に応じて、臨機応変にクッションの位置を変える事が出来ますの。これが出来れば百人力♪ 気兼ねせず、心配することなく、スタッフに任せる事が出来ます〜。 ああ、ゆったり大舟に乗ったキブンですわよ〜。

スプレー糊はいろいろ種類がありますが、これは布同士やスポンジを接着出来るタイプのものです。群青が使いましたのは、3Mの77〜。手に着くと、灯油などでしか取れませんので、手袋は必ずしてくださいねとの事。 便利ですごいワすごいわ〜と感動していると、横から夫がそんなん模型とか作ってる人にしたら常識、昔からある糊ぢゃ、と言われました。およよよ。

施設で多くのスタッフが介護に関わって下さる場合、誰が介助しても無理なくいい姿勢がちゃんと出来る様に、スタンダードの基準が保たれているのがとても大事やんと思います体調により体の座り様は変わっても、車椅子の座面や背シートをきちんと調整していたら、後はその時々でクッションを当てたりして対応がまだ楽な気が致します。そして、基本を作る事が出来ても、どのようにお願いしたいかを必ずスタッフに連絡が必要ですね。スタッフに理解の早い方、そして前向きな方がいると特に心強いです。 以上、在宅介護の方にはかなりマニアックな内容となりましたがこんなんも出来ますよ、と、何かのご参考まで・・・。(このお互いをくっつけるグッズに関しては、理学療法士さんからのアドバイスをもとに購入しました。)

(約2ヶ月と2週間上記の車椅子調整で試してみての追記:2011年11月6日)この頭部の枕は、応用が利いて大変便利です。麻痺側で傾きがちな肩から肩甲骨部から骨盤上部にかけて入れ込むこともありますし。一つあると、色々と使えます。

【群青亜鉛:介護イラストレーター 】
103歳特養ホーム入所中 祖母ばあこをトキドキ通い介護中。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて発信17年目。
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら

※タグづけに関して
「車椅子シーティング」とするよりも、「車椅子調整」とするタグづけの方が言葉として適切かと思い、記載しています。

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。