イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

知人より介護情報誌を頂く。訪問介護に関する特集。

1月 02 2012 | 読んだ本

話せるのが大事よね
昨年の夏に、知人より、介護の情報誌「ベターケア」の52号春号を頂いた。
特集は 訪問介護の「生活援助」は必要ですか? 
~「生活援助」は本当に、誰でもできる、簡単な、公的に提供する必要のないサービスか

これがとてもよくまとめられていて、また考えるきっかけとなったので紹介させて頂きます。
祖母がヘルパーさんに来てもらっていたのは、約13年前。身体介護と生活援助です。
阪神淡路大震災を挟んで来てもらっていました。
一年ごとに交替だったかな?でも、震災後の新年度も、一年は継続だったように覚えている。

祖母がお願いしていた身体介護の内容は
食事介護(食事は準備済み)/歯磨き介護/ポータブルトイレへの移乗介護/排泄介護/入浴介護/ベッドから車椅子への移動介護/身体の清潔の介護(体を拭く、等)

生活援助はおそらく話し相手でした。余り深くかんがえず、利用していた様に思います。

「ベターケア」の52号春号記事の内容は
■特集
訪問介護の「生活援助」は必要ですか
~
「生活援助」は本当に、誰でもできる、簡単な、公的に提供する必要のないサービスか


◆服部万里子氏〔立教大学教授〕

◆因 利恵氏〔日本ホームヘルパー協会会長〕

◆松下やえ子氏〔城西国際大学准教授〕

◆栢沼洋介氏・坂下まるみ氏〔衣笠病院長瀬ケアセンター管理者・管理者補佐〕


以下、因 利恵氏〔日本ホームヘルパー協会会長〕の記事を一部、抜粋転載させて頂きます。
以下の3項目より文章を書かれています。

□生活援助は誰にでも出来る仕事?
□美しい言葉の意味する実態
□国民的議論でホームヘルプの形を考える

2項目の、□美しい言葉の意味する実態 より抜粋させていただきます。
 
地域福祉が叫ばれ、2012年度に予定されている介護保険法改定では、「地域包括ケアシステム」がスタートする兆しです。地域で守る福祉、は結構ですが、「地域の支え合い」という一見美しい言葉の持つ意味をよく考えてみて下さい。すぐ近所の人に、家の中に入られて、冷蔵庫や押入の中を見せようと思えますか。今日のおかずがいくらの予算で、どんなゴミを出していて、そんなことをすべて知られて、おまけにいつも「ありがとう」「すみません」と言い続ける生活を、あなたは望みますか?

最終的に、プロの力が必要な事を記している。

項目ごとのタイトルにもドキッとさせられました。上手い表現だと感じました。地域の支え合いや、ご近所同士のつながりは曖昧に思いがちでしたが、上記の文章からは、あっ、そういう事なのね、と理解しやすい。民生委員さんもなり手がないということを、民生委員さんより伺う事もあります。個人情報保護法の関係で、どこに誰が住んでいるのかがわかりにくいといい、独居老人は把握しやすいが、同居老人は見過ごされる現状も気になる所です。やはりプロの力が必要だと、改めて感じた次第。


昔は良かった、大家族は良かった、とは言うが、本当の意味でよかったのかなあ、と思う事がある。家族幻想もある様に思える。 昔はみんなそんなに長生きじゃなかったし、今の現状を分析しようがないから、昔は良かったといいたいだけなのか、でもただ懐かしむだけじゃあよろしくないと思うのだ。だって、それがイヤでばく進してきた日本のような気がする。大家族の息苦しさがイヤで、突っ走って来た部分もある様に思える。 家族で助け合うのを過大に美化するのもどうかと思ってしまうわたしだ。それは、家族で介護すると言う事を暗黙の了解で強制することにも繋がるようにも思える。
それもあり、これもありよね、と、多様性を認められる様な世の中であってほしい。
そんな様々に、思いを馳せる2012年のお正月です。

【群青亜鉛 : ぐんじょうあえん : イラストレーター】

《↓追記です2013年9月》
プロフィール:在宅で9年半 親戚同士で介護の後、102歳の特養ホーム入所中祖母”ばあこ”をトキドキ通い介護中11年目。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて1998年より発信して16年目。

2013年9月神戸で個展♪ご案内こちら
介護ライブラリにて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。