イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

介護のしんどさ比べ? イヤイヤ。

7月 23 2011 | 介護全般

しんどいん だもーんふいーっと一息。この暑い時期、シャワーは大層やから、体を水で濡らしたタオルで拭いて済まそう〜という時がよくあります。でも、拭いても拭いても部屋干ししたタオルのような匂いが残る事があって、これはホントに困ります。そんな時は、洗面器に張った水に薬用シーブリーズなるものを垂らし、浸して拭くと結構よい加減なんですが、皆さんはどんな風にされてますか?(体を拭いてあげる時にも結構よいと思われます。匂いがきつすぎかな?)

さて、時々出てきます。介護のしんどさ比べ〜。とはなんのこっちゃ??
介護の話は知らんうちにしんどさ比べのような、力関係が出てくるような気がしています。
とはいっても、ぐんじょうが「絶対そんなんしまっせんっっ!」と、えらそうなことはよう言いません。無意識のうちにやってしまっておりますのねんわたくし、ちびちびと。例えばとても献身的に介護されている方や、毒舌などがまったく出て来ない方のお話を伺うと、自分だったら壊れてしまうわ〜無理無理〜凄いですねと何も言えなくなりますもの、引いてしまい比較してしまいます、私なんてまだまだだと。次の言葉は出てきません。でも、そんなのイヤイヤ〜。(T T)

いろんな方がおられる前でも、自分を卑下することなく、もちろん威圧的になるでもなく、自然な姿勢でおれたらねえ、目の前の方をありのままで受け止める事が出来たらねえ、それが理想よねえ、と、思う訳なんです。変に小さくなってしまう時の自分はイヤやわぁと思うし、変に感情的に共感するのも後で違和感が伴う事もあり。だから、なんでしょっかね、いろんな気持ちの出てくる自分と対座しながら、日々人と接する中でいろんなトレーニングをさせて頂いているような、そんな気がしています。

よしよし、ようやっちょる、ようやっちょるって、自分になでなでしてあげましょうか。比べたって、くたびれてしまうだけなので、ようやっちょるのうって、言うてあげるほうが前向きになれますのねん。よしよし。

(群青亜鉛:ぐんじょうあえん:Illustrator)


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。