イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

入所施設と介護家族との接点はひとつだけ

6月 14 2011 | 高齢者介護施設


はて、本日は入所施設と、介護家族のつながりとは。
祖母入所中の特別養護老人ホームと私群青との接点は、介護援助を受け入所している100才祖母”ばあこ” なのでありその1点に尽きる訳で、その他に接点はありません。ばあこへの介護に関し、不満や提案、要望などがありますと、それをケアマネさんや担当の介護士さんに伝える訳ですが、その他(たとえば他の入所者さんの事)はまったくわからんのがホンマです。

話がいきなり飛びますが、一ヶ月に一回面会に来られる家族さんと、週に2〜3回面会に行く家族さんの感じる不満の質は当然の事ながら違うだろうと思われます。それがどんなものなのかは家族さんが第三者に表現してもらわんことにはわかりません。どの程度の介護援助でよしと納得する基準も、その家族さんによって違うと思うのですが、それは口に出してもらわないと伝わらなかったりします。

例えば何か施設とトラブルが起こったとしましょう。他の家族さんが何か助けられるかと言うとそんな事はあまりなく。やはりトラブルの起こった入所者の家族さんがしっかり施設と話合ってどないかせんとどないもならん訳です。自分等だけではどないもならん、らちあかんと思ったら、自治体の福祉課に相談してみたり、例えば社会福祉協議会に相談してみたり、外の力も借りんといかんわけです。 そんなこんなの手管(?)は色々知っておいた方が泣き寝入りがなくていい。

でないと、何かが起こった時、ものすごく理不尽な事や不満を抑え込んでしまうことにもなりかねず。その不満などがずっと、家族の心におりとして残ってしまう訳です。おりは沈殿し、溜まり、苦しい。そんなおりをためこまない為にも情報収集は欠かせません。身を守る術、でしょうか。

入所出来るとほっとされるとは思いますが、決して終わりではなく。継続しての情報収集は続けて頂きたい。近所の他の施設はどんなの?他の地域では?例えば同じ軽費型特別養護老人ホームでも、高額な会費を取る所もあるし、微妙な所で違うのです。いろいろな情報は比較判断材料としてあった方が良く、いざ何かが合った時絶対いいのです。(ありすぎても困りますけんど)

それはデイサービスでもそう、デイケアでもそう。比較出来ると、目も肥えてくる。大きなハプニングが起こっても、慌てなくなるよねえ、と、祖母の介護にいっちょかみでずっと係って来て、そんな風に思うわけであります。

【群青亜鉛(ぐんじょうあえん):イラストレーター】

《追記です2013年8月》
《プロフィール》:在宅で9年半、親戚同士で介護の後、102歳特養ホーム入所中祖母ばあこをトキドキ通い介護中11年目。
《2013年9月神戸で個展♪ご案内》こちら
《介護ライブラリ》:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中>こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。