イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

看取りの時のための準備

6月 02 2011 | 介護全般, 日々日常

終末期の為に何を確認しておかないといけないのか、に関して
ちょうどタイムリーにいい新聞記事が連載されており、その最終回がこちらです。

→読売新聞 医療ルネサンス 連載記事
「最期を選ぶ」という記事がありました。(2011 5/23〜5/30)

最終回、6回目は、さらに医師の立場からの意見、そして現在の取り組みが書かれています。
終末期医療の事前指示書を使っている国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)在宅医療支援診療部長の三浦久幸さんの記事です。
ご覧になってみて下さい。

最期を選ぶ(6)Q&A 希望の未確認 混乱招く
www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=41427

HP上には、その国立長寿医療研究センターで使用している書類2点が、PDFデータにより、公開されています。
  1.事前指示書「私の医療に対する希望(終末期になったとき)」
  2.その内容の説明書
貴重な書類だと思います。

10年前では考えられなかった様に思います。

※「自分らしい生き死にを考える会」の「私の生き方連絡ノート」は、現在試しに注文中です。
2週間位かかるかもしれないとの事ですが、また手に入ったら紹介します。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。