イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

食事前の舌のリハビリ?

5月 10 2011 | 人の身体と動作



100才ばあちゃん、特養での食事であります。家族が行った時は、食事前にちょっとだけ舌を動かしてもらうようにしている。以前は良く言えていた、ぱぴぷぺぽ、まみむめも、なにぬねの、たちつてと、も近頃ははっきりと言えなくなっている。あかんべーも、言うてしばーらくしてから、べええと舌がちょとだけ動く。舌を口の中で右左に動かすのも、ぐるぐる回すのもなかなか難しそうである。

それでもちょっと舌体操して声も発声練習すると、やんや、やんや、きゃーすごい〜と職員さんが声を掛けてくれはり、私の方が職員さんの反応にびっくりしてしまったのでありました。きっとばあこは「こばかにするんやない〜」とむっとしているのかもしれない。いや、なんも考えてないか。

この運動をしてから食べると、舌の準備運動が出来ているのか、食事をするのがスムーズに行く。舌は結構重要なんやね。食べた後にも、舌を動かしてもらうと、とても良く動くようになっている。それだけ食事では舌を使うんやねえ。とろみ食やけど、口から食べられるのは元気の元やと思う今日この頃。


【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

(↓201405追記)
103歳特養ホーム入所中 祖母ばあこをトキドキ通い介護中。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて発信17年目。
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。