イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

車椅子調整

7月 23 2009 | 介護福祉用具

本日の視点は

☆施設に祖母を預けている、家族の視点。

☆事業をお手伝い、という販促ツールの企画制作をしているという視点。

☆介護イラストレーターとしての視点。

車椅子調整という言葉が普通になってきました。なんだかうれしいですね。

理学療法士さんと、最初に組んで、共著として出版したのが約7年前。そのときは、まだ、この言葉は一般的ではなかった気がします。


先日、祖母がお世話になっている特別養護老人ホームの家族会の役員会がありました。その中で施設長さんが報告をされたのですが、「職員の教育・研修」を事業方針の重点項目のひとつとされていて、車椅子調整の研修会の様子をお話されました。

家族介護者の立場の群青は、”意識が変わるので、今後家族も見学出来る様にして欲しい”という要望をお伝えしました。取り組んでいることを公開するというのは、介護施設の運営にとってもプラスになっていくのではないでしょうか。

※タグづけに関して
「車椅子シーティング」とするよりも、「車椅子調整」とするタグづけの方が言葉として適切かと思い、分類分けしています。

車椅子調整タグの最新記事一覧は こちら


gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター

◆介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。家族介護の視点で、介護とコミュニケーションの現状と問題をユーモアをまじえて発信中。”いっちょかみ介護”実践中。
◆介護関連著書2冊
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。