イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

教えてあげたい病(やまい)=教えタイタイ病。

7月 18 2019 | 介護全般, 介護者会・家族会
この投稿にタグはありません。

当事者会(介護者の会。介護者が中心の会。事業所が主宰しているものとは異なる)に長年関わっていると、だんだん引いた視点になってくる。全体を見ると言うのだろうか。参加者個々のお悩みはそれぞれで解決策を見出して、最終的には取捨選択は、介護者ご本人である。介護にくたびれ果てて、精神的にダウナーであったとしても、ご本人の回復力(精神的な)を信じる。これに限ると感じている。

だが、介護経験者の心のうちは色々複雑なものがあるので、新たに来られた方に、自分のような失敗をして欲しくないとの思いが大変強い様子である。

要介護の個人個人の状態や背景は全く異なる。だが、聞く姿勢もそこそこに、ご自身の中の知識や介護常識と照らし合わせ、あてはめて、パターン化をし、

いずれはこうなってこうなってこうなるだろうから、今はまだ可愛いもんですよ。 じっくり関わって差し上げたらいいですよ、と、先取りをして語ってしまうことが多々ある。(余計なお世話ぢゃないかぃねえ〜)

当事者会にようやくたどり着かれたご本人。安心してね。まずはそこを拍手喝采〜、

のはずなのだが、同じ介護者の先輩が、そこに不安要素をてんこ盛り投入したりする訳である。しかし善意からくるものだから、自覚はない。善意からくるものだから、、、一見ありがたーそうな内容だから、余計にタチが悪いと私は密かに思っている。傍らで見ているとハラハラするのである。

教えてあげたい病(やまい)=教えタイタイ病

いきなりこの場面に出くわした新たな参加者の方々、どうか怒らず、ムッとせず、その会の雰囲気や話せそうな人がいるかいないか、勘を働かせていただきたい。

当事者会は、介護のことを日常会話のように話しても誰も嫌がることはない貴重な場所である。うまく情報を仕入れて、毎日の暮らしに活かしていただきたい。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。