イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

駅のベンチでよたよた動作のばあさま

7月 04 2009 | 街のバリアフリー

e9a785e381aee6a485e5ad90e6898be38199e3828ae4b880e88083
駅のホームのベンチなど、手すりは結構重要です。ちゃちな作りではあきません。
つえをついて、少々ふらつき気味のジジババは、座るときにまず手すりに手をかけますが、目一杯体重がかけられます。少し距離があるときは、手すりを支えにして、足でにじり寄り、よっこいせっと座られます。この様子を先日観察してから、手すりの重要性に目が向く様になりました。弱いと転んじゃいます。かなり重要です。


gunjoaen
【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター
◆介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。家族介護の視点で、介護とコミュニケーションの現状と問題をユーモアをまじえて発信中。”いっちょかみ介護”実践中。
◆介護関連著書2冊
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本
◆ウェブ連載中
ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。