イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

和式トイレに罪はない。

1月 30 2019 | 介護全般

かかとぴったりしゃがみ姿勢

(本日500文字。速読一気で1分です。)少々以前のことになる。北野武氏の映画が封切られた約1年半前の2017秋、大阪あべのにある映画館に観に行った。「アウトレイジ最終章」。

上映前にトイレに行くと和式のみ。入るとタイル張りの便器周りの床はなぜだか水でびしょ濡れだ。嫌だなあとは思いながらも、それしかないのでそこで用を足した。水を流す方式は、ハンドル式だったか、壁ボタン式だったか。出る間際に水を流すと。なんじゃこれはーーーーーーーっ???

ブッシャーーーーー!ーーーーーーーーーーーどっぱああああああああん!

ジャジャジャバジャバ バシャバシャ ドドドドドぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーっ!!!

滝か、嵐か、急流か〜っ!量が半端ない。水流れるん長いんとちゃうん?!
便器の後ろ側から出る水が、まさしく滝の勢い。
即座に便器の金隠し部分に当たり、
しぶき跳ねあがり、周囲はため池状態となった。

明らかに規格外。水の大反乱である。
こんな勢いの水流は必要ない。この分不相応な水量も必要ない。

おいおい、映画館管理者よ。
これ以上、和式トイレを嫌いになる人間を増やすんじゃないっ!
和式トイレに罪はない〜っ!
水の管理が悪いんじゃーーーーーーーーーっ!アホたれええいっっ!
       (※ オットのボソボソ→ 栓の閉め方緩かっただけちゃうん?)


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。