イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

福祉用具の新調を奥様のために考えておられる介護家族の先輩とのやりとり

5月 18 2018 | 介護福祉用具



こんばんは。イラストレーター群青亜鉛です。介護の大先輩□さんとの、メールのやり取りを転載させていただきます。あくまでも、祖母が特養にお世話になった経験だけを元にして、一家族として伝えさせていただいている内容です。冒頭の写真は、祖母のために新調した、セミオーダーの車イスです。



長文ですので、合間にお読み下さい。
いろいろ好き勝手な思うところを書き記してしまいました。
祖母を特養入居中、通いで介護をしていたので、□さんのおっしゃることは共感出来るところが多いです。

以下私の場合を記しました。ご参考まで。末尾にはまた別のご提案を記しています。

祖母の場合は、主の介護者が母で、孫の私が環境整備係。

母は2日に1度の昼食介助とその前後の歯磨き介助~トイレ介助~ベッドメイキング寝かしつけ、周辺の整理で精一杯。

目の前の祖母の状態を見て、来なかった間に介護士さんから、介助がちゃんとしてもらえていたかどうかを確認するという毎日。

私は行けるときに行って、一通りの介助に加え、車イス調整やシーティング、寝るときの体位変換の新しい提案をして、それを導入してもらう導きを。夜の食事介助で行ったときは着替えさせて寝かせることも多かったです。

施設にはかなりマニアックに、いろいろ提案をしたり、失敗もしましたので、その経験あれこれならば□さんにお話をさせていただくことは出来ます。😊

母は2日に1度の介助で精一杯。福祉用具まで全く気がまわらないので、日常の介助に加え、それもお一人でやろうとされている□さんの大変さは、自分の経験でしか推し量れませんが、想像に余りあります。

施設の環境で奥様と大きく異なるのが、リフトが祖母の施設では導入されていた点です。

母体の社会福祉法人が、障害を持つ子どもさんの医療福祉センターを経営していることもある為か、リフト導入がなされていました。体の状態が悪くなると、天井走行型リフトが設置されている部屋に移動になり、丸5年はお世話になりました。

そのため、家族もそのリフトの使い方を教わると、職員さんに気がねすることなく移乗介助が出来、家族も職員さんも体を痛めることが少なかったのです。(だと思います)

記憶では、確か亡くなる1週間前位までは、施設でリフトにより座ってポータブルトイレで排泄が出来ていたのでは。

以上が私の参考例です。
—————-
はてさて…

以下はひとつのご提案です。(とはいっても、あくまでも素人からの提案ですよ〜。専門家の方が読まれるとハテナが浮かぶかもしれません〜)

奥様の福祉用具導入は、その後も職員さんにも気持ちよく介助をしていただくのが必須ですから、やはり慎重にならざるを得ませんよね。福祉用具に詳しい、向上心のあるマニアックな方が、施設職員さんにはお一人はおられるかと思いますが、そんな方職員さんにいらっしゃいませんか?そんな方を巻き込んで相談なさるのもあるのではないかなあと考えます。
いっしょに解決して行きたいんだ、そしてこの経験を他の入居者さんにも活かして欲しいという□さんの前向きな姿勢は伝染していきますから、 きっと上の方も相談にのって下さるのではないでしょうか?

あるいは、じょくそう対策委員会、や排泄委員会、車イスなどの委員会も施設にはある様に思いますので、その委員会の担当の方に相談されるのもひとつでは?よく施設の有り様がわかっていないままの案ですが。

取り急ぎ思い付くままメールさせて頂きます。お疲れの中お読み頂きありがとうございます。(⌒‐⌒)
(※施設の理学療法士さんにご相談されては?というのは後からお伝えしております)

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:イラストレーター

◆プロフィール◆骨格大好きイラストレーター。ばあちゃんへの”いっちょかみ介護”実践する。
高齢者介護の工夫やバリアフリーの住環境に精通した、くすっと笑えるイラスト&エッセイを得意としています。
◆介護関連著書◆
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)めでたく2冊とも、完売です。読みたい方は中古本でお願い申し上げます。
◆ウェブ連載◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜

明るくユーモラスに大真面目に、何気ない日常の一コマを大切にした、コミュニケーションの現状と次の一歩を表現。皆さんの想像力をこそばします。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。