イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

奥様のためにオーダーのティルトリクライニング車イスを考えておられる先輩とのやりとり

5月 15 2018 | 介護福祉用具

特養入居中の奥様が今使われている車イスは施設から借りているものだから、触ったり出来ないので、オーダーで車イスを考えているとおっしゃる介護家族の先輩とのメールのやりとりです。



(以下は、私からお送りしましたメールです。殆ど、原文のままです。)

追記です。
祖母の場合は最初は普通型車イスでした。その後、ティルトリクライニング車イスを2台購入しました。

ですが、よくよく自分が車イスに座る姿勢を学んでいくと、最初ティルトリクライニングにしなくても良かったことなどもわかってきました。

気づいた時には既に新しい車イスに合った体になってしまっていて、もう戻れなかったのです。

セミオーダー車イスにしたときも、いろいろデモ機を試したりで、どれもジャストフィットではなく異なったモデルだったりもあり、その都度クッションその他の調整が必要で、なかなか安定出来ずで、しんどい思いをさせた期間がありました。

最終的に、セミオーダーのティルトリクライニング車イスを作らなくても、今までのティルトリクライニング車イスを使っていた方が祖母は安楽に過ごせたのかもしれないよ~という意見も、祖母を見送って2ヶ月後位にありました。ああ、そうか、そうだったかもしれないと、はっとしました。

夢中のときは、冷静になれなかったんですね~。

“いまより安楽に、と思ってるのは自分だけだったのかもしれない、前の車イスの方が慣れていて楽だったのかもしれないなあ”と3年経った今なら振り返れます。  (以上、私が送らせていただいたメールでほとんど、原文のままです)

作る時に、やめといたほうがいいんちゃう、と真剣に言うてくれたケアマネさんはおりましたんです。この方は施設の職員さんではありませんでしたが、どうも私は当時まったく聞いてなかったようです。(苦笑)「やめときと私は言うた」と おっしゃり、そうだったっけ?すっかり忘れていたですなあ。思い込んだら一直線で、他の意見は耳に入っていなかったようです。

(※介護中の先輩より、掲載の許可を得ています。)



【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:イラストレーター

◆プロフィール◆骨格大好きイラストレーター。ばあちゃんへの”いっちょかみ介護”実践する。
高齢者介護の工夫やバリアフリーの住環境に精通した、くすっと笑えるイラスト&エッセイを得意としています。
◆介護関連著書◆
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)めでたく2冊とも、完売です。読みたい方は中古本でお願い申し上げます。
◆ウェブ連載◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜

明るくユーモラスに大真面目に、何気ない日常の一コマを大切にした、コミュニケーションの現状と次の一歩を表現。皆さんの想像力をこそばします。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。