イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

入居中高齢者施設でのイベント参加と、介護者家族会でのイベント参加の違い

1月 29 2018 | 介護全般, 地域福祉

setsubun_gunjoaen2006_img連続で、介護者家族会に関して記します。備忘録でもあり、メモ書きみたいなつらつらも含みます。

社協がバックアップする、介護者家族会は当事者会として大切な存在である。けれど、参加者は年々高齢化。参加人数は減っている現状がある。月に一回しか開催しないし、平日の午後に開催ということで出席しにくいこともあるかもしれない。相談窓口が増えていること、ネットで相談したり情報を集める人が増えた、以前より、介護に関する内容は誰とでも話しやすくなったこともあるかもしれない。

昨年末に開催された、認知症介護者の会のクリスマス会は、改めて、介護者会の大事さを感じるものとなった。
楽しいイベントごとは参加人数が多いのが常だったが、こちらも年々人が減っていた。今年も少なくなるかなあ、、、と思っていたが、結果は異なった。
施設に入居されているご家族と一緒にや、
あるいは、在宅で介護されているご家族とご本人が一緒になどが通年よりはるかに多かったのだ。
お連れ合いや親子、ごきょうだい等、二人や三人連れは約7組の方が当日参加されていて、合計30名弱となった。

特別養護老人ホームなどに入居されている場合、あるいは、デイサービス等利用施設でのイベントは、季節を考えていろいろと催される。でも、家族も本人も、楽しめているかというと、、、それはわからない。私が祖母が入居する施設でのイベントに参加していたときのことを思い返しても、あたふたしていた記憶ばかりが残っている。(沢山身内が参加した時は別。気持ちが楽。一人だけの時は楽しむどころじゃなかった気がする。)やはり家族もご本人もスタッフさんに気を使う部分はあるからだ。この気遣いはゼロにはならない。

一方介護者家族会は、顔見知りのメンバー、介護経験者や介護中のメンバーがそろっていて、その中でリラックスできる。「入居者さん」「介護の必要な人」として対応されるのではなく、一人の人として接してもらえるのも大きいのかもしれない。

こんな「場」があることが大事なんだなとしみじみ改めて思う機会となった。

一方で、お一人さまノビノビ参加もございます。日頃のしんどさを忘れての参加、、、どちらもありです。

集う場、増やせ政策?

今、当方の住んでいる自治体では、集う場を作る、増やせ、でやっきになっている、、、ように感じる。
数を増やせばいいってもんでもないわいね、とも思うのだが、数は目に見えるので、数えてしまうのであろう〜。いやいや、やはり近隣にちょろっと寄れる、集える場が増えるのはええことやからねえ。

社協がバックアップする、介護者家族会は当事者会として大事。その当事者組織 家族会があるけれど、もっと気楽に集える場があるといいね、ということで 、、、今当方の周辺にあるのは、、、。
社協バックアップの、家族介護者会
I
認知症カフェ
I
ふれあいサロン

まず集っていただくのが大事で、 話してもらってから相談機能が発揮される、
住民のお困りごとが吸い上げられるといい、とは有識者の弁。

福祉機関は困った時に行くものだと皆さん思っておられるので、包括支援センターへの相談件数より、ふれあい支え合いサロンから出てくる相談の数の方が多いのだそうだ。

認知症カフェの名称は、開催する地域では、嫌がられる傾向にあるそうだ。「認知症」は名称につけたくない、はずしたい、とのこと。
すぐ相談にのれるよう、普通のカフェではなくて、専門職もいるカフェなので認知症カフェ。
認知症の方でも集いやすいようにその名称になっている、
認知症カフェの定義を見直している段階です、とは役所さまの弁。

拠点〜住民のつぶやき ふれあい支え合いセンター
民生委員との連携
連携のイメージは?

そんなサロンからぼそぼそと出てくる住民のつぶやきを、いかに連携して、相談窓口(?)につなぐのか、が大事なのだとか。

ふむ、いろいろあるでしょうけれど、大事な伝達事項は地域地域の役員さんで止まってしまって、末端まで情報が行き渡らないのも問題だなあと、ぼそぼそ思うのであります。ほんでもって、地域への参加というのは、自ら行動を起こさん限り、あんまり広がるもんでもないんだなあとも思うのであります。

つらつらと。

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。