イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

謹賀新年 2018

1月 05 2018 | 日々日常

あけましておめでとうございます。
笑顔溢れる新年でありますよう。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
***
皆様、どんなお正月をお過ごしでしたか?

年始は、私はおそらく生まれて初めて着物姿で過ごしました。
元旦の外出の大きな目的は、オットの着物のお披露目です。

老人ホームに入居する祖母(夫の99歳のばあちゃん)に二十うん何年前に 仕立て直してもらったウールの着物を、オットが着て見せに行こうというものです。

羽織を羽織ってマフラーを巻いただけでは寒いです。どうしようかと悩んだ末、選んだのが私の母方じいちゃんの、おそらく60年位前のとんびのコート(マント付きコート)でした。昨年クリーニングに出したところで綺麗になっていたので、それを着てもらいました。普段街中でも見慣れないトンビ姿はコスプレの様です。

結局着付けの練習は事前に出来ず、当日ぶっつけ本番で着てもらいました。

オットは雪駄を履く練習を年末にしましたが、おばあちゃんの施設はスリッパに履きかえます。なので、別に無理して雪駄履きになる必要はないんやと、歩きやすいハイカットのスニーカーで行きました。黒かったので違和感はなく、トンビコートと妙に似合っておりました。

家族でえっちらおっちら施設に向かいます。オットの母とは着物の話で盛り上がります。

オットばあちゃんは、仕立ててくれたことを覚えてはいませんでしたが、ちょっと覚えがあるような仕草を見せていた様子。年始の一大イベント無事終了いたしました。ああ安堵、安堵。

二日は、着物で神社まで初詣。

紋付羽織姿でワタクシ颯爽と歩くも、帯の右前下に、帯締め時に使った臨時の洗濯バサミがバッチリ止まっていることに帰宅後気づき、あああがっくり。(銀色だったから気が付かなかったわよーーーーーーーーっ)

今年は和の生活を楽しみます。はてさて、どうなりますやら。


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。