イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

車いすが重くなったら

6月 10 2008 | 介護福祉用具

なんだか車いすを押すのが重い、、、と思われている方。そんな時は要チェック!タイヤの空気、減ってませんか?タイヤ、ぺったんこじゃないですか?

自転車に乗っている方は、おわかりだと思いますが、空気の量が少なくなったら、ものすごくペダルをこぐのがしんどくて重たいですよね。

車いすも同じです。介助者の手首にも負担がかかり、積み重なると、手首が痛くて仕事がやりにくい、、、なんてことにもなりかねません。多人数の車いす介助が必要な、施設の職員さんしかり。。。空気入れで、空気、入れて上げて下さい〜。これでかなり、移動が楽になります。

体力の無駄遣いになってしまって、変に疲れちゃうのはもったいないですよね。

入れても入れても入らないときは、虫ゴムの交換かも。
これはまたいずれ。。。。 

《追記:2012年5月15日 》
そうそう、前のキャスターの回り具合もあるみたいですね。なんだか右だけばっかりにまわしてると、止っちゃうとか。
あるいは、足置きが低すぎる場合も、すぐに床にひっかかりますよね。
今使っている祖母の車椅子がそうなんです。キャスターの具合や、足置きの具合、あるいはクッションが足置きからずりおちて、車椅子が進むストッパーになってるとか。

でもパンクレスタイヤでない限り、タイヤの空気をチェックして、入れるとかなり軽くなりますよね。みてみて下さいませ。

☆群青*介護Blog☆関連記事
「車椅子」タグの最新記事一覧は こちら

 

 


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。