イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

へーほーはー、前回の会場の様子、大公開〜福祉用具体験会in西宮〜

6月 29 2017 | 介護福祉用具

(※更新してからお読みください。)
福祉用具が体験出来る会ですが、そればかりではない側からのご紹介。
福祉用具体験会inにしのみや
情報コーナー、、、前回、ろう者あるあるで、大好評。高校生ボランティア達に大人気だった、Sign&Artのお二人。明るく楽しく、おもろく、耳の聴こえない世界を知ろう、と投げかけてくれはります。今回も参加、セミナーあります。

NPO法人アットホームホスピス。大事な人を看る看られるということを「市民」から発信し、医療との架け橋になっています。「がん、って何?」などの生老病死をテーマにした〈生きるを考える絵本〉を制作発表、絵本の販売もあります。

こちら、NPO法人コアネクション〜若年性認知症の就労支援を、革のアップサイクルで行っています。今回も、ステキな革製品を販売してくださいます。当事者の方もいらしてくださいます。

甲子園のお部屋レンタル、まんまるみかんさん。

こちら、来訪された方への、車いす・杖・歩行器ブースで、車いすに乗ったお客様のポジショニング調整が始まったときの写真です。

“田中義行さんのアドバイスでクッションを入れて調整したら、アッと言う間に姿勢が変わり、腕が動くようになり、お顔が上を向いて発話もハッキリと ( ゚д゚) 

相変わらずの「田中マジック」ですが、実はマジックじゃなくて根拠があり、根拠があるから再現性もあるんですよね~.”(発起人S氏談)

田中さんの講話の様子。ときどき優し〜く入る毒舌トークが、介護者家族には、とっても、怖くてえ〜っ、と目が三角になります。魅力です。考えさせられます。

今年はワタクシが、日頃感じているかいごイラストレーターとしての疑問を投げかけ、答えていただきますよ〜。

あしの専門家が集まる、「劇団あーしーず」による、ミニコント??大きいサンダルを履いてると、動かないように、足の指がぴよこと浮いて、靴がずれないように支えちゃう、そんなぴょこ、な足になっちゃうんだと言うことを、この寸劇で知りました。

↓ これは、ベッドブースの様子。テレビでも、入院時とか目にすることが多くなった電動式のベッドですね。機械だからね。やっぱりどういうときに背上げをあげたりするのかを知っとかないと、危ないのよね。長所と短所。どっちもあります。
第5回福祉用具体験会in西宮 開催しました

↓ 受付準備の様子。ギャラリーの側に設置するようにしたら、案内がスムーズに。今年もギャラリー側にあります。ここで、群青亜鉛作成andデザインの、12ページもの、当日資料パンフレットを受け取ってね。

↓会場準備

↓体験ブース

日常のお困りごとを解決する、グッズを見て試して。ほんま、何に使うのか不明なものも多いです。スタッフさんに大きな声でしゃべってもらうようにしますんで、聞き耳たててね。ふーんとスルーしちゃうのはもったいないんでね。

福祉用具を体験している写真が少ないかしら?

今回も、神奈川県から、行政書士 谷口一郎さんが参加、写真撮影andフェイスブックにオンタイムにアップ更新してくださいます。ありがとうございます。

今回の当日配布資料12ページものには、群青亜鉛のイラストがちりばめられた、ブース紹介が6ページ分もあります。来られた方のみの特典になります〜♪

7月に開催します。(兵庫県)

第6回福祉用具体験会in西宮
~ためしてガッテン〜
開催日:平成29年7月2日(日) 10時~17時
会場:西宮市民会館 1階 大会議室/1階 ギャラリー
(兵庫県西宮市六湛寺町10-11)
入場料:無料
主催:西宮福祉用具体験会 実行委員会
お問い合わせ先 電話:090-1962-5357(サワダ)


前回参加スタッフ全員の集合写真です。

 

ホームページ:hitoniyasashiikaigonishinomiya.jimdo.com/

西宮市福祉用具体験会 フェイスブックはこちらね。
www.facebook.com/nishinomiyafukushiyogu/‎

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。