イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

今どきのギャッジアップベッド

6月 15 2009 | 介護福祉用具

4月にインテックス大阪(日本最大級の国際展示場!)で開催の、「バリアフリー2009」(高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展)でまじまじと見ました。
背もたれと共にあがる、ベッド柵。

自宅にあるのは、従来のもの。コントローラーを自分で操作してみても、やはりベッド柵と、ベッド本体の間に体を挟み込んでしまうような危なさを感じました。   ベッド本体と一緒にあがる柵、本当にこれはいいですね。

背もたれが上がってくるベッド。

ベッド柵と、大元のマットの土台が同化している〜。




☆群青*介護Blog☆関連記事
在宅介護でも施設介護でも、起こりうる危険性を取り上げました。(理学療法士さんに伺う)
ベッド柵に頸(くび)が挟まれる事故

「ギャッジアップベッド」タグの最新記事一覧はこちら

「飲み込み・嚥下」タグの最新記事一覧はこちら 「ばあちゃんが誤嚥せんように、ほんまにわからんと大変や!!」と思い、解決の糸口になるような知識のきっかけを面白く表しています。

理学療法士 大渕哲也さんのHP老人介護についての個人的HPより、
食事の援助について~食事の“相”と姿勢を中心に70から77の項目に、ベッドでの食事姿勢に関しての記述。
ギャッジアップベッドについて



【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

《追記2014年9月》
103歳特養ホーム入所中 祖母ばあこをトキドキ通い介護中。カイゴのつれづれを、家族介護者の視点から、えっちらおっちらウェブにて発信17年目。

ウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて:「自宅で介護お助けヒント集」月いち連載中こちら


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。