イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

嚥下アニメーション「咽頭の解剖生理 / 咀嚼嚥下の一例 (内視鏡検査視線)」〜舌根−咽頭後壁間の接触を透明化〜

9月 14 2016 | 人の身体と動作

《更新履歴》
(2016/11/23)コマ送りのバージョンを公開致します。
(2016/09/19)通常の速度に近いバージョンに差し替えました。
(2016/09/14)動画「咽頭の解剖生理 / 咀嚼嚥下の一例 (内視鏡検査視線)」全カットを均等のゆっくりしたスピードで公開。



↓速度速め
嚥下アニメーション「咽頭の解剖生理 / 咀嚼嚥下の一例 (内視鏡検査視線)」〜舌根−咽頭後壁間の接触を透明化した〜
↓コマ送り
嚥下アニメーション「咽頭の解剖生理 / 咀嚼嚥下の一例 (内視鏡検査視線)」〜舌根−咽頭後壁間の接触を透明化した〜コマ送りバージョン

この動画使用について「咽頭の解剖生理/咀嚼嚥下の一例(内視鏡検査視線)」〜舌根−咽頭後壁間の接触を透明化した〜

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

本動画 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 改変禁止 4.0 国際 パブリック ライセンスの下に提供されています。
ライセンス公式翻訳文(CCバージョン4.0表示-改変禁止リーガルコード)こちら
ライセンス要約文こちら
本動画は
・本作品を複製、頒布、展示、実演することができます。
表示. あなたは原著作者のクレジットを表示しなければなりません。
改変禁止. あなたはこの作品を改変、変形または加工してはなりません。

本動画は、概要の表示を含め、基本的に使用を可とします。
但し、クリエイティブ・コモンズ4.0 に準拠し、著作者の表示やリンクをお願い致します。
※この動画のご使用にあたっては、特に連絡頂く必要はございません。

イラストレーター群青亜鉛 (当ブログ管理者)

———————————————————————–

喉頭は飲み込みの時にどう動いてるの?

大変お待たせ致しました。この度、愛知学院大学 歯学博士・言語聴覚士 牧野日和先生、医療法人八重葉会 豊浜歯科医院 院長 田島英太朗先生の監修により、動画を作成させていただくこととなりました。この動画は自由にお使い出来る様、配布致します。

この動画、一般の方が見られても、何のことかわからないと思われます。真ん中の三角のものが口に見えるわ、目の様なものもありますし。何が真ん中でパクパクしてるのかしらね?白く画面下から上に流れていくものは、トロミのある食塊です。下方が口側で、舌先はもっと下方にあります。この手前にあるのは、、、そう、舌の奥の方で舌根。ばくばく三角形の口のようなものは、喉頭、声帯のあるところです。上方が、食道側、脊椎側になります。飲み込んだ食塊がどんな風に喉の奥に、そして食道まで運ばれていくのかを表した図です。ちょうど、食道と、気管への分岐点の図でございます。皆さんの喉の奥はこんな風にせわしなく動いているのだそうですよ。飲み込む度に大忙しです。

内視鏡で咽頭の動きを見ても、レンズの前を食塊が通る時は画面がザバーンと真っ白になるんです。(専門用語ではホワイトアウトと呼ぶそう)その時、いったい喉頭ってどう動いてるの?というところを分り易く描き出したアニメーションというわけなんです。

次に、監修を頂いた先生お二人よりコメントを頂いております。 動画ご使用についてのご注意事項も、あわせてお読み下さい。
———————————————————————–

動画「咽頭の解剖生理/咀嚼嚥下の一例(内視鏡検査視線)」について

食べる支援において、正常なメカニズムおよび対象者の病態を正しく理解することは大変重要です。ところが、とくに咽頭(のど)については外表から目視することが困難なため、いまだ解明されていない点が多々あります。近年、嚥下造影検査や内視鏡検査、3次元CT、筋電図検査、嚥下圧測定検査などを用いた研究報告により、徐々に咽頭の仕組みが明らかにされてきており、それに伴って治療法やリハビリテーション法などの開発が期待されております。

今回われわれは、食べるメカニズムの啓発および支援の発展を目標に、非常にわかりづらい咽頭のメカニズムを内視鏡検査の視線から、咀嚼嚥下運動の一例をもとに、嚥下時に起こるホワイトアウトを透明化し、わかりやすい動態アニメーションを作製しました。これにより咀嚼嚥下動態の理解を進め、頸部聴診、ヘッドローテーション等の評価および支援法などへの臨床応用を容易にするのではと期待しております。

この映像がひとりでも多くの方のお役に立つことを目的に、ご希望の方にはコピーし自由にお使いいただきたく存じます。その際は編集しない条件であれば、用途等当方に許可を得る必要はまったくございません。

最後に、今なお苦しみ続いている食べる障害を有する対象者やその家族たちとその支援者にとって、この映像が少しでも希望の光が差し込む一助となりますよう心より祈念申しあげます。

愛知学院大学 心身科学部 健康科学科 牧野 日和
医療法人八重葉会 豊浜歯科医院 院長 田島英太朗

———————————————————————–

上段動画(速度速い)のアドレスは以下の通りです。
baa.gunjoaen.com/blog/wp-content/uploads/2016/09/14_15_ce1cpv3_33_2.gif
下段動画(コマ送り)のアドレスは以下の通りです。
baa.gunjoaen.com/blog/wp-content/uploads/2016/11/14_15_ce1cpv3_33_3.gif
このページのアドレスは以下
wp.me/p1LeQ6-6AU
◇◇◇
動画使用に関する追加注意事項
※CCライセンスは本動画「咽頭の解剖生理 / 咀嚼嚥下の一例 (内視鏡検査視線)」〜舌根−咽頭後壁間の接触を透明化した〜(2点)
と、動画「摂食・嚥下の解剖生理 1.咀嚼-嚥下」(2点)の2つにのみ適応されており、そのほかのイラストレーター群青亜鉛の著作物に関してはその限りではありません。

———————————————————————–
以下、クリエイティブ・コモンズに関するリンク先です。

クリエイティブ・コモンズ ジャパン
クリエイティブコモンズライセンスとは

———————————————————————–
今回の取り組みが更に多くの方々のお役に立ちますように。

イラストレーター群青亜鉛

 


gunjoaen
【群青亜鉛(ぐんじょうあえん):介護イラストレーター
リアル且つおもしろく骨格と姿勢の表現を明・楽・シビアに探求する。
家族介護者の視点を大事にしたイラスト&エッセイを得意とする。
◆介護関連著書2冊
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。