イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

素人が折りたたみの出来るティルトリクライニング車椅子を梱包する

7月 19 2016 | 介護福祉用具

2016_0719_konpoukurumaisu

車イスの貰われ先決まる。

祖母が使っていた、モジュール型多機能車イスの貰われ先がようやく決まった。最終的に一ヶ月半しか使用しなかった車イス、新品同様な面持ちである。その前に使っていたも少し簡易なティルトリクライニング式車椅子は、祖母の施設に寄付させて頂いて即戦力として活躍している。

モジュール型は、やはり体にあった人に差し上げたく、そしてやっぱり車イス調整が出来る人が近くに居てこそ最大限に活用出来るものだから〜と理想をイメージしていたけれど難しく。そんなに簡単には適合者が見つかりませんでしたのん。約1年半かかりました。

畳んでも、長さ111センチ。重さ20キロ、(高さ忘れたわ、幅も忘れた、覚えてるのは足して合計230センチ以内ってことヨ)でか過ぎる、場所を取る。個人仕様のオーダーメード。汎用性にかける。

ちらちらお声かけし貰われ先を探していたものの専門職の方々の反応は鈍ーーーーーーーーいの。誰もが引き気味、困るといった印象。嗚呼そうだったのね、一般的な誰でもが使える車椅子の方が貰い手は多いのだ。

本製品は、姿勢変形を伴う重度障害者や高齢者の方等がもつ様々な姿勢パターンに対応出来る「アクティブ・バランス・シーティング」理論を取り入れた商品です。頭部、胸郭、腰椎、骨盤のアライメントに応じて各支持パーツ(頭部サポート、胸郭サポートスリングシート、腰椎ベルト、骨盤サポート、ヒップバックサポート)を調整することが出来ます。

車イスの説明こちらフォースさんのPDFです。ご参考まで。
miki-force.jp/lineup/grand_fletcher.html
ページの4つ目のグランドフリッチャーユニダッシュABSとありますが、この一つ前のモデルだったと思います。
20160719_furiko_kurumaisu
—————–-ばあちゃんの車イスの仕様はこんなの〜。
グランドフリッチャーユニ ABS(アクティブ・バランス・シーティング)
座幅 400ミリ ABS専用
脚置き 直下型ポスト式(エレベーティング機能はありません)
背折れジョイント
フットブレーキ(駐車用ブレーキ連動式)/キックバー付き
レッグレスト 一本追加
バックサポートシート:レッド
フレーム表面処理:アルマイト/シルバー色
アームサポート:取り外し+高さはハイタイプ(260から340ミリ 5段階)
座高高:475 シートだか:800ミリ
後輪:14インチ

——————

多機能ってったって、細かい部分は細工が必要

脚に屈曲拘縮があって(膝が曲がって伸びない状態)、円背(脊椎が猫背)強く、半身麻痺が残るばあちゃんの場合は、これがぴったりでした。左右にも傾かず、前後円パイもしなやかにホールド〜。よくわかったことは、、ずり落ちるのはどうしてもずり落ちるのよ引力があるものね。加えて脚の曲がり(膝屈曲拘縮)には、それぞれ踵を載せる部分を手作りしないと車イスについているサポートシートだけでの対応は無理、でありました。

車いす輸送を宅配業者に頼むのも種類がある

もう私の仮眠用に使うか〜と諦めていた先週末、”車椅子が合う方が見つかりそう!今週には利用者さんのところに伺いたいのですが、まだお持ちでしょうか?”との嬉しい連絡もらい、慌てて運送手配に奔走(ネット検索で座りっぱなしだけど奔走ね。)。 この機会を逃すと、次にもらってもらえるチャンスがいつ巡ってくるかわからないもの。
1年半前、購入したメーカーさんに訊ねた時は「いつでも空いた時でいいなら、もらわれ先に搬送しますよ〜」と気持ちよく言うて下さっていたのですが、5日以内には届けたい!となった今回は、日程調整が難しいですすみませんとのお返事頂き残念〜。

車椅子を自分で梱包?業者にお任せ?

最初、施設から自宅に運搬する時頼んだ、Y社の家財宅配便を見つけ、問い合わせてみたが期間が足りず(これは丁寧〜に包んで大事〜に運んでくれるもの。)。最終的にS社に決めるが、普通の宅配と一緒とのことで、段ボールでの梱包が必要となった。

20160719_tatamu_mojyura

えっ、、、包まんと、あかんのん? この折り畳んでもでっかい車イスをどう包むのだ?クリストか?いやこの梱包の出来次第ではアーティストになれるかも、などと、宅配業者が取りにきてくれる当日、スーパーマーケットへ段ボールをもらいに出発。

どう考えても小さ過ぎるやん、な、2リットルペットボトル6本入る段ボール(しかなく、裏に回って 頼むのはしんどく)表にあったのを12個ぐらいもらってきて、どないかせんとなと思案。格闘する事約1時間半。それが冒頭の写真でごじゃりまして。車椅子を包むというよりも牛かバイクを包んでる感覚に近くなりました。

宅配おにいさんの反応は

九分九厘方、包めたかしらという時に、ピンポン鳴り、いやーどうぞ で、ドアオープン。
宅配便おにーさん、廊下にドンとある塊の梱包状態を見て絶句。
「これですか?」しばしぼーぜん。「この梱包では、、、、」

何何、ダメ?

「運搬途中ベルトコンベアだけでつなぐ箇所もあって、人がいないので、衝撃で壊れるかもしれないですね、、、これ完全梱包じゃないですし、、、私としてはなんともとしか申し上げられません。これ、何が入ってるんですか?」

なんとも申し上げられませんって えっ?何ですかて?電話で車椅子って伝えたけど聞いてないのね〜。

運ぶ事ができる梱包とは?

じゃどうしたら?ここがあかん?この隙間?これ?この継ぎ合わせ?
 
「もっと、きちんとした大きいダンボールにきっちり梱包していただかないと、この状態では。壊れてもいい、という了承をもらわないと、私どもとしては、運搬できないんですよ〜。」

??荷物に保険をかけて運搬することもある現代、”壊れてもいい、という了承をもらって運ぶ宅配業者って何それ〜? そのめっちゃしぶちん顏どうなの〜と、自分の梱包のへたさを棚に上げ心は自由な翼で思い悩むのね。夕日が射してヒートアップよう〜。あきらめる?

でもダンボール下には、ぷちぷちパッキンつめつめに入ってるし、どうにか持ちあげられるように紐で結わえたし、、、あたしにゃこれ以上どうにもできないし。ばらばらになったら、隙間から、ぱらぱらパッキン落ちて行くだけやしなあ、バラバラになるかなあ〜日本の宅配業はそんなんなんか!?(好き勝手)
慌てて、口空いたところに ガムテープを斜めに走らせるが、、、。どないも出来ません。

わかりました。もう、いいのでこれで行ってください!これでもう任せたっ!

「構いませんか?わかりました。(といいながら慎重)では、、、、。」おにーさん台車によっこいしょと乗せる、、、(これが冒頭写真ね♪)が。

「これ、、、載せただけで、もう梱包崩れてるんですけど、、、、?」(冒頭写真向かって左奥と右手前の段ボールのふた、ぺらりっとめくれてますね。)

あらっ、ガムテ、破れてる?ちぎれた?いや、車イスの脚んとこと、持ち手のとこね、でももう、包めない。 何もできんし。もう、いいわ、いいやん。いいですわ。頼みます。祈ります。

受け取った申込書に書き始める、、、あらら、、、焦って宛先と、発送元を間違えて書いたみたい。

-矢印で逆にするから、このままで行ける?
-だめですね。   あきらめ顔でおにーちゃん、配送票をトラックまで取りに行く。
戻ってきた。再び書き記し、、、。

「よろしくお願いします〜。」壊れないことを祈りつつ。渡しましたよ大海原に〜。気持ちはラクチンもう手渡したもんすっきりよ。

でも不安よ不安、あんな高価なもんが壊れたらどうするじゃー壊れた車イスもらっても先様困るやんかーと思いながらも、
壊れない事を祈るのみ〜。

さて。車椅子の仕様などを次の日の午前中、もらわれ先にメールし、夕方確認すると、あら、すでに、午前中に到着していたとのこと。
壊れてもいなかったということですので〜まずはよかった〜よかった〜。(^^)/

どうみても動物。努力スタートな30分後

梱包をはじめて30分後がこんなんでした。動物的よね、ゴールデンレトリーバー犬の背中って感じね。とにもかくにも、家にあるぷちぷちをありったけかき集め、グルグル巻き紙パッキンもかき集め、梱包に苦戦している真っ最中。手前がフットサポートの方向、奥が持ち手の方向。結局はぜんぜん着なかった半纏を、フットサポートの箇所のパッキンにもして結びつけて、、、、。(手前の紺色がそれ)こ、根性でどうにかなる、、、ようにした。
20160719_konpou-_kurumaisu

車イス梱包の手順は


車イス梱包、出来ないことはないですね。 
1.車イスをきっちりと折り畳む。
2.運搬中に開かない様に、パイプ同士をビニールひもで結わえる。
(肘置き部分の縦バイプ同士や、フットサポート、足元のパイプ(エックスバーではない箇所)同士、背もたれのパイプ同士、ハンドバーの元のパイプ同士等など。)
3.横になった時をイメージして、出っ張った箇所にプチプチをあてて、ずれないように、セロハンテープなどでぐるぐぐ巻く。
 ない場合は、毛布など、クッション替わりになりそうなものをあてる。
4.周りを一枚に戻した段ボールで囲む。ガムテで留める。最後にビニール紐で、結わえる。
5.紐を持って持ち上げてみる。ずれなければ、オッケー。ずれるならば、宅配おにーさんが持った場合でも、必ずずれるから、どうにかする。

ポインとは、縦ひも横ひもが交差するところを、ぐるっと一巻き入れることでは〜?

梱包トライな方は、どうぞどうぞ、やってみて下さいましね。
さて、おっちらおっちら、足元の、屈曲拘縮にどう脚置きを作ったかをアップしていきますね〜。


gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:イラストレーター

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とする。お面白く辛口も含む切り口は、家族介護者だけでなく介護職や医療関係者からも秘かに支持を頂いています、オホホ。骨格大好きイラストレーター。介護HPを立ち上げ19年目。
◆介護関連著書◆
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。