イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

自力で尿が出せないときは、お腹を押してもらっての排尿

3月 31 2011 | ばあちゃん日記

こんにちは。介護イラストレーターの群青亜鉛です。本日はイラストはありません〜。

自力で排尿する事は私たちは何気なくやっていますが、筋力が弱まると(もっと複雑?)出来なくなります。

筋力弱まった祖母ばあこ、排尿が自力で出来る時と出来ない時があるため、ポータブルトイレでお腹を手のひらで押しておしっこを出させる(業界用語で、腹圧をかける、というのかな?)ことを特養でしてもらっています。言うなれば、膀胱を自力で収縮させる事が出来ないから、外部から圧力をかけて自力で縮ませるのと同じ状態にし排尿させる、という事です。

見よう見まねで群青も出来る様になり、トイレ介助の度に介護士さんを呼ぶ手間が省ける様になりましたが、“おしっこが出るまでお腹に圧をかける”というのは、ものすごく力が必要なんですね。なんだか、骨が弱かったら骨壊れるんちゃうん?と思うぐらい毎回汗だくになるのです。ばあちゃんは、そんな嫌がっているわけではないので、続けていますが、こんなに力かけんと出来ないんかな〜という思いがあり、もうちょっと上手いやり方がないんかなと思っている今日この頃なのです。



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター

◆プロフィール◆介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。家族介護の視点で、介護とコミュニケーションの現状と問題をユーモアをまじえて発信中。”いっちょかみ介護”実践する。
◆介護関連著書◆
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。