イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

君のお尻は痛んでいないか?

11月 20 2015 | 介護福祉用具

介護の工夫、えっちらおっちらイラストレーターの群青亜鉛(ぐんじょうあえん)と申します。こんばんは。
20151120_oshiri_aen
すんません。すけべネタではございません。痔のお話とも異なります。真面目な内容でございます。

世の中太っちょの人もいれば、痩せ気味の人もいらっしゃいます。わたしは子供の頃から痩せ気味体質でありまして、常にホネホネを感じておりました。腹筋運動をしてお尻が痛いわと感じ始めたのは、三十路も半ばから。それまではおそらく筋肉くんもぴちこと張っておりましたから大丈夫であったのでしょう、それ以降はお尻の骨が刺さるわ、と感じる事が多くなりました。

健康な人も、お尻チェックを。

〜パートナーの風呂あがりのお尻を見てみよう〜

先日、お風呂上がりのオットのお尻を見ました。

「今日、パソコンの仕事せんかったん?」

「いやずっと座って仕事やで。」

「へ?」

わたくしどものコンビはどちらかというと痩せの方面です。なんでお尻でその日の仕事っぷりがわかったんでしょう?

いつもお尻の坐骨のところに出来ていた痣っぽいものがなかったのですな。

オットはデスクワークも多く、事務椅子+お尻にはジェル入りクッションを敷いています。

空気を入れて使うクッションなのにぺしゃんこのまま使い続け、椅子にもクッションはあれど余り威力はない様子。毎日の事ですからこの坐骨の位置にうっ血痣のようなものがいつも残っていたのですね。尾てい骨のあたりも結構うっ血気味でありました。毎日見ると変化がよくわかります。

先日はそれがなくなっていたんであります。おしり、ぴかツルです。きれい〜。

聞くと、エアがしっかり入った大きいブロックの方を坐骨にあてて座っていたのだそうで、すぐにわかる程、えらい差です。

デスクワークの人は、お尻に気をつけて見てみてください。坐骨のあたりに痣が出来ているかもしれませんよ。坐骨の部分は上半身の体重が集中するので、うっ血して、血流悪く、痣の様になる場合があります。そして、尾てい骨のあたりも、色がくすんでいたりしませんか?
(※坐骨ってどこでしょ?座って、お尻の下に手を差し入れると、両方にグリグリを感じると思います。ここが坐骨結節といわれる部分です。)

美尻を目指す貴方あなた貴方〜。人のを見るより先に、自分のお尻を触ってみましょう。坐骨のあたりのお尻がざらざらしていませんか?お尻は思ったよりも雄弁でございます。健康だと豪語するあなた様にお尻チェック+身体にあったクッションの使用をお勧め致します〜。

座り直しが出来ない高齢の方は尚更


健康な私達でもお尻はうっ血するんですから、ご自身で寝返りが打てなかったり、座り直しが出来ないご高齢の方ならば尚更です!ワカモノくんの様に細胞ぴちぴちしてないですからね、ああ、床ずれ一直線です。気をつけて差し上げて下さいませ〜。
 
そうそう、ご自身のお尻が痛いと気になる方。歩いたり、自転車こいだりした後は、必ずお尻の調子が少しはぷりっと上がっていて違う筈。(私がそうです。)あまり躍起になるのも疲れますけど、少しずつ運動をしてみるなど、お尻の筋肉を作り出す事試してみて下さい〜。きっと明日のお尻はちょびっとは元気になっているはずでは。





gunjoaen



【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とする。享年104歳ばあちゃんへの”いっちょかみ介護”を親戚を交えて22年行う。(在宅9年半施設入所12年)お面白く辛口も含む切り口は、家族介護者だけでなく介護職や医療関係者からも秘かに支持されている、オホホ。骨格大好き。

◆介護関連著書◆
介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ不定期連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。