イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

「いきいきスマイル」掲載

6月 09 2009 | おしらせ

ご縁があって、新聞に、著書「ばあちゃんドタバタ介護格闘記」紹介していただきました。
すべての人の、「元気で長生き」「健康で快適な生活」を応援する総合情報誌ーいきいきスマイルー

いきいきスマイル

編集/企画毎日新聞大阪センター

取材協力/川村義肢株式会社
季節ごとに15,000部発行。流石、短い文章で、的確に紹介して下さっています。ありがとうございます。

 

この号で注目したのが、日本ノーリフト協会を立ち上げられた、看護師、保田淳子さんの記事。

実は4月に行って来た、バリアフリー展でも、スピーカーとしてお話をされていたのだとか。 もっと事前に調べてから行くべきでした。 来年こそは下調べしてから!

オーストラリアには、ノーリフト、ノーポリシーというものがあり「押す」「引く」「持ち上げる」「運ぶ」「捻る」の5つの腰痛の原因となるものに関しては、人の手でしてはいけないとされています。

引用元 「いきいきスマイル」9号の新聞

でも、これは1998年に成立した法律なんですって。
介護時の足腰痛や、腕痛、疲労感は度重なるのでどうしようもなく疲れるものです。大きい体型の人を介護するしんどさは、想像以上だと思います。 からだが消耗して、壊れてしまう危機感がある。
今後の介護は人ごとではないだけに、機械を使った介護も、介護の工夫のひとつ!もっと取り入れて行くべきだと感じます。

まず学ぶ所から〜!


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | 2 comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

2 Responses to “「いきいきスマイル」掲載”

  1. はじめまして!
    びっくりしました。
    実は 私もスマイルをみて「介護奮闘記」の関係の方々は??と興味をもってネットサーフィンしていたら・・・まさかノーリフトのことを書いていただいてると思わす・・・ありがとうございます。

    来年1月31日に神戸の国際会議場で700名ほどの看護・介護職の方々を対象に 腰痛予防対策! ノーリフトを題材にした日豪国際フォーラムを開催する予定です。

    このような あったかいサポートを頂くことによって
    また 前に進むエネルギーを頂きます。
    ありがとうございます。
    これからもよろしくお願いいたします。

    22 7月 2009 at 1:01 PM

  2. ぐんじょうあえん

    こんにちは。# Junko様。
    返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。

    いきいきスマイルの記事は、とてもインパクトがありました。
    目からうろこ、でした。
    人に話したり、介護者の会の会報誌等にも書き込ませて頂いたりしています。

    祖母が入所する老人ホームでも、この2年ぐらいで、リフトをよく目にするようになりました。

    介護は、体が壊れる、と痛感しているので、器具を使うことが広まれば、ついマイナスに思ってしまいがちな介護のイメージが変わっていくと思います。 介護保険を使ってのリースも出来る事も、もっと伝えていきたいですね。

    日豪国際フォーラムの成功、お祈りしております。

    21 8月 2009 at 5:57 PM

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。