イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

頭の中が整理が出来るときりっとするのね

6月 27 2015 | 介護者会・家族会

hitokugiri-gunjoaen

いろいろなかたがいらっしゃって。
育って来た環境も違って。
異なる価値観を持っている。

介護は、それが顕著に表れるなあと感じています。

嫁が介護するのがあたりまえ?
親を介護するのが当たり前?
ってそれぞれ独自の固定観念もあったり。
でも、それどころじゃない慌ただしいこのごろになっていて。

資質も性格も、おそらく文化の背景も異なっていて。
感じる事も全然違って。
それを否定することなく、
ああ、そうなのね、と、その方の思いを受け止める。

家族のあり方が変わって来て、
超高齢化社会にもなって、
その激動期の今。

いろんな価値観の方が、
どんな方でも話せる場が、いいなあ。
介護者の会って。

イラスト:誰や、これ?って突っ込まないでね。描いてたら、このお子がペン先から生まれて来たんだから〜。

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。