イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

安易なネットの薬情報よりも、

6月 05 2015 | 病院・お医者さん

点眼薬のタイミング_gunjoaen_img

こんばんは。介護イラストレーターの群青亜鉛です。近ごろお医者さんにばかり通っています。

薬は別の箇所に安易に試すと危ないぞ


ステロイドの入った点眼薬が、皮膚につくと、そこにニキビが出やすくなる。と、皮膚科の先生から聞いたのが先週。
顔面のメンチョ(おでき)で慌てて駆け込んだときだ。

メンチョは、ドライアイ用に処方してもらった目薬が流れて、出来た可能性が少しあった。

知らなかった。

目薬は、刺す時には他のところに付かない様にして、ちゃんと拭いてください、処方箋を持参した薬局の薬剤師さんはおっしゃったが、
副作用までの説明はなかった。

根拠まで言うて下さってたら、毎回もっと神経を使って目薬さしてたのにと思う。
(**)

皮膚科からの帰宅後、ネットを開くと、まったく正反対の情報がだだーっと出現。

「目薬を塗るとニキビが治る?」

は?
私が先生から聞いた事と全く逆やん?
結構な量の情報が検索に上がって来ました。

一概に目薬といってもいろいろな種類があるし、薬です。
たまたまつけたら治った、という人がいただけで。信用するのは怖いですよう。

「ステロイドの入った点眼薬は、皮膚につくとニキビになりやすい。」

皮膚科の先生がはっきりとおっしゃった。

曖昧なネット情報を鵜呑みにしないで、早く皮膚科に行った方が絶対に早く治ると思う。

自己判断で10年治るのが遅れた実例〜♪

私がネット情報を鵜呑みにして失敗した!と思ったのが、
鼻の調子が悪い時に、ずっと、バー油を鼻に塗っていた事。

左鼻の中の奥に傷が出来、かさぶたの自己判断治療だ。

これは耳鼻科に行った時に先生にしかられた。
そのやりとりはこんなのだった。

ーそれは誰が言ったんですか?
ー勝手に判断したんですね?
ーそれは一番だめな対処法ですね。

10年の苦しみが、しばらくの治療で直ぐ治った。
勝手な判断は禁物です。早めに専門医の治療を受けましょうね〜。

私ごとですが、その耳鼻科でのお話はこちら
アレル・ギーリギリ



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。明るくおもろく大真面目に介護とコミュニケーションの現状と問題と次の一歩を発信中。祖母への”イッチョカミ介護”実践歴22年。
◆介護関連著書◆
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜


介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。