イラストレーター群青亜鉛が発信する、104歳おばあちゃん介護のイラストエッセイ。介護の工夫と次の一歩。

福祉用具という呼び名が、未だにピンとこない

5月 26 2015 | 介護福祉用具
この投稿にタグはありません。

20120324ぽけーっと。ええかっこしい、なしよね。

20120324ぽけーっと。ええかっこしい、なしよね。

「福祉用具」「福祉用具」言うても、そないにみんな一般の人はわかるんかしらん?というのが、未だに思っている事です。介護関係の職の方、あるいは医療職の方は、イメージ出来るのでしょうが、身体的に不自由を感じない、お元気な方には福祉用具というのは接点のない世界のように思えます。

7月5日の日曜日には、「福祉用具体験会in西宮」を行いますが、自分が見ても、突っ込んでしまいますもん。「福祉用具って何じゃらほい?」って。だから、「福祉用具」と記すと、なんだかどうしても、注釈をどこかに入れたくなる。

福祉用具は、通常の生活を便利にする道具とは区別されているのだそうですね。

「心身の機能が低下し日常生活を営むのに支障のある老人または心身障がい者の日常生活場の便宜を図るための用具及びこれらの者の機能訓練のための用具及びこれらの者の機能訓練のための用具並びの補装具をいう」

福祉用具の研究開発及び普及の促進に関する法律(福祉用具法)第2条の定義より

私はまだ介護用具と表した方が、イメージし易いかなあ。でも、じいっと文字を見つめてみると、介護用具っていう呼び名は、介護をするための道具のような印象があり、その人の持っている力を引き出すような感じがしない。ワタシの思い込みだけかもしれないが。

介護器具?介護機器?介護用具?

介護器具?介護機器?介護用具?福祉器具、福祉用具?
なんだか曖昧に使ってしまっています。私。

今まで関わった仕事(介護イラスト)のタイトルからちょっと考えてみます。

「介護器具手作り改造レシピ集」(出版:インタークロスメディアステーション)
13年前に、理学療法士の大渕哲也さんと共著で出版させていただいた本のタイトルです。いまだに売れていて、嬉しい本です。

介護機器と表現すると、リフトとか、介護ベッドとか、車イスをイメージ致します。器具というと、まだ身近な印象がワタシにはあります。この本は内容にも手作り用品の工夫が記してあるので器具でいいのかなと。 

「介護機器の選び方ガイド」(出版:医学芸術社)
介護機器、これは介護保険が始まって間もない時の冊子。介護職の方に向けての指南書なので、わかりやすく介護機器?

「デイサービスに活かす福祉用具」。そして、月刊デイさんでの連載。これは福祉用具の全般をわかりやすく表しているので、福祉用具。

上記の3項目(2冊+1連載)は、どれも、理学療法士の大渕哲也さんが監修や著者のものです。イラストを担当させて頂きましたが、この時は深く考えていませんでした、用具の定義をもっと学んで自分のものにしたいです。使うときに困っている自分がいますので〜。

◆福祉用具の研究開発及び普及の促進に関する法律(福祉用具法)こちら
(財団法人テクノエイド協会ウェブサイトより)

◆Webマガジン_介護ライブラリに、福祉用具体験会in西宮の記事をアップして頂きました。こちら

福祉用具体験会の案内を出しても、まだ必要ない!とおっしゃる方は多いのです。実はそんな方にこそ、見て欲しいのが本音です。頭の片隅にでも、残っていたら、イザの時に、イメージ出来るから、選ぶ範囲が広がるのです。



gunjoaen

【群青亜鉛:ぐんじょうあえん:介護イラストレーター 】

◆プロフィール◆
介護イラスト&エッセイを得意とするイラストレーター。明るくおもろく大真面目に介護とコミュニケーションの現状と問題と次の一歩を発信中。祖母への”イッチョカミ介護”実践し22年。
◆介護関連著書◆
明るい介護のお助けマンガエッセイ
介護用具・日用品カスタマイズ本(共著)
◆ウェブ連載中◆
こちらウェブマガジン ”介護ライブラリ”にて「自宅で介護お助けヒント集」
“介護ライブラリ” 〜介護の悩みを減らしたい〜

[`evernote` not found]

介護は幅広い知識があったほうが楽です。在宅介護のご家族は、介護職や看護師さん、セラピストの方にもどんどん質問して知識を還元してもらって下さいませ。このブログ記事もとっかかりにして頂けたらと願います。

Posted by | no comments for now

にほんブログ村 介護ブログへ人気ブログランキングへ

Comments RSS

コメントはココ


*送信前にお読みください。
初めての方の投稿は「管理人の確認後に表示されます」のでご注意ください。返信等は、普段このコメント欄に書き込みします。メールの返信をご希望の方は、その旨お書き添えください。